ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アロナ(ブルーアーカイブ)

あろな

『ブルーアーカイブ』の主人公(プレイヤー)である“先生”が持つタブレット型デバイス「シッテムの箱」のメインOSを名乗る女の子。
目次 [非表示]

「やっと会うことができました!私はここで先生をずっと、ずーっと待っていました!」


プロフィール

所属シャーレ
年齢不明
誕生日不明
身長138cm
CV小原好美
デザインHwansang(※)
イラストHwansang(※)

※『ブルーアーカイブ オフィシャルアートワークス』より


人物

「シッテムの箱」と呼ばれる謎のタブレット型デバイスのメインOSA.R.O.N.A先生の“秘書”を自称している。

トレードマークの青いセーラー服にはホログラムのような光がゆっくりと揺れ動いており、ボックスの大きな白いプリーツスカートの裏地はピンク。ヘイローは感情などに応じて色や形状が変わる青い輪。髪色は淡い水色で、インナーカラーはピンク。カチューシャに大きな白いリボンをしている。またパンツは水色と白の縞模様なので空と雲をイメージしているのかも知れない。足元はリボン飾りの付いた白いスニーカー。

髪型で隠れた左目はアニメーションPVや募集演出で確認でき、右目とは異なって瞳孔に赤みの差したオッドアイ。

アニメ版の公式サイト開設に伴って身長が明かされたが、当初は145cmと表記されていたため、「頭のリボンを含めた自己申告だったのでは」とネタにされている。


性格や知識レベルなどは見た目相応。ちょっと幼く、抜けている。良く言えば純真、悪く言えば乗せられやすく食いしん坊(外のものが食べられるのかは別)。居眠りしながら好きなカステラやイチゴミルクの夢を見ていることもしばしば。

教室のような空間でずっと先生を待っていたようで、シッテムの箱を渡された先生との初対面の際には感動でテンパる様子も見せた。生体認証の為に画面に残された先生の指紋を見て「よく見えないかも」「これでいいですかね?」と大雑把に認証したり、最新機器と比較されて拗ねたり、どこかの宇宙人映画のようだと言われてツッコんだりと、大らかで情緒豊か。

ちなみにアロナの声は先生にしか聞こえないので、端から見れば独り言のように見えてしまうのだとか…


戦闘中のコメント、チュートリアル、募集(ガチャ)演出担当。

【ブルアカ】アロナ

募集演出では用意した封筒を元気よく差し出すため、プレイヤーの間では「どの生徒が来るかはアロナの裁量次第」といった風説が存在し、お目当ての生徒が出なかったときには怨嗟の声が向けられることも…。


アロナ弁

ゲーム中の各システムに付随する音声案内ではCV担当の小原好美の声をベースにした合成音声で喋っており、独特のイントネーションやユニークな漢字読みは「アロナ弁」などと呼ばれ愛されている。調子が良くないと音ブレのようなノイズ混じり(メタな話をすると、アロナがプレイヤーを設定した名前で呼んでくれる機能との兼ね合いと思われる)になる。

OSであるがゆえにコンテンツの更新に伴って各セリフの発音もアップデートされる事があり、2023年11月のメンテナンスでは、発音がより自然な形になるよう調整され聞き取りやすくなった一方で、流暢になった喋りに寂しさを覚える先生も散見される。

総力戦」を「そうりきせん」と読み間違えたこともあり、現在は修正されているものの、これはこれでアロナらしいので愛着を交えて「そうりきせん」と呼び続けている先生もいる。


アロナの教室

「お仕事」の選択画面に常駐しており、壁と天井が崩壊し、外に机が積み上がった青空と水平線の広がる教室のような空間で、空を眺めたり居眠りしたりしているアロナをつつくとこちらに気づいて近くにやって来る。

基本的には青空が広がっているが、不穏な状況になると夜空に星々の軌跡が現れる(お仕事選択画面は変化しない)。


日本版の公式動画『アロナちゃんねる』シリーズによると、この空間にも昼夜や季節、気温の概念があるようで、七夕の夜に笹を立てて短冊をかけたり、クリスマスの装飾で飾ったり、石油ストーブやこたつが置かれたりする(石油ストーブが置かれた季節はとっくに夏だったが)。さらに梅雨時にはなんと電子キノコが生え(データのゴミのようなものらしく、アロナが幻覚を見る効果がある)、夏場はこの空間も暑くなる(水びたしなので熱暴走はしない)。さらに、アロナ自身も正月太りしたり、花粉症になるようだ。どうなってるの…。


また、メインストーリー最終編「あまねく奇跡の始発点編」エピローグ以降に追加メンバーが増えて以降は夜の教室を見ることができるようになった。


シッテムの箱の管理者

『アロナちゃんねる』#31ではライフルのストックのようなものがついた傘(『オフィシャルアートワークス』曰く「傘+ショットガン」)を使う姿も確認できる。

また、『傘の用途』と題されたミニ漫画でシッテムの箱内に保管された18禁なファイルを銃撃で「削☆除」する姿が描かれている。

アロナアロナちゃん


ストーリー中では以下の能力を発揮し、能力の発揮中は口調もマジメになる。

ただし、能力を多用するとアロナ自身も消耗するらしく、連戦だった最終編では能力を発動しようとして咳き込んでしまっている。


  • 管理者不在で宙に浮いていたキヴォトスの中枢サンクトゥムタワーの制御権をわずかな時間で獲得
  • デカグラマトンの預言者ケセドに対しハッキングを仕掛けて通路を拓く
  • デカグラマトンのハッキングをくしゃみで吹き飛ばす(アロナはこのとき居眠りをしていた)
  • 先生を防護フィールドで瓦礫や銃弾から守る
  • カイザーコーポレーションがシッテムの箱のハッキングどころか電源すら入れられず、8社のデータセンターを逆にダウンさせる。
  • ウトナピシュティムの本船の起動
  • ウトナピシュティムの本船で起動による代償と、ウトナピシュティムの敵対勢力「名もなき神々の王女」であるアリスへの攻撃を密かに無効化
  • 離れたところにあり物理的な接続もない端末のデータを自身に転送

その一方で、『アロナちゃんねる』#14では先生がゲームをたくさん立ち上げた負荷でOSが落ちてしまい、再起動がかかっていたりもする。

原因以外はアロナ側からも認識でき、どういうメカニズムなのかは不明だが汎用OSのアプリケーションも動かせる模様。

デュアルブートなのか、互換レイヤーがあるのか、はたまたエミュレータを使えるのか…?(仮にエミュレータであれば、シッテムの箱という通常とは異なる端末のOS内で、汎用OSの動きを再現し、その上でただでさえ負荷の大きいゲームを複数立ち上げていたとするならば通常よりも遥かに負荷がかかっていたことになるためOSが落ちてしまったとしてもそこまで不思議ではないかもしれない)


また、『アロナちゃんねる』#9でシロコが登場したときに先生が落とした程度では壊れなかったが、回想でシロコ*テラーが銃撃したときには画面が割れて壊れてしまったかに思われていたが…。

『アロナちゃんねる』#50によると、防水構造らしく雨で濡れても大丈夫。濡れてもアロナ側に特に変化は起きない様子。


その製造元、OS、システム構造に至るまで全てが謎に包まれており、先生以外には起動すらできなかった。当然、一度シャットダウンすると先生でないと再び起動できない。


海外版公式YouTubeチャンネルにおいて

アロナ

台湾版の公式YouTubeチャンネルではバーチャルYouTuberのような立ち位置でも活動しており、日本のアロナ以上に多彩な衣装バリエーションが用意されている。3Dモデルがない代わりにチアガールやチャイナドレス、体操服や晴れ着にもなったことがある。ネタに走ることも多々あり、ホットドッグの服を着たり強風オールバックをカバーしてみたり、おもむろにプラモデルを作り始め、完成したらガチャを回すといった奇行に走ったこともある。現在までにそのバリエーションは10種類を越えており(英語版やタイ版限定の衣装もある)、日本版にも輸入してほしいとの声も。


ちなみに台湾では「彩奈」と表記するため、台湾版アロナのことを「彩奈」と呼ぶ先生もいる。なお、台湾版の公式チャンネルには「彩奈」の登場する動画と全地域共通の動画を現地語に翻訳したものがあり、後者に関しては日本語に現地語の字幕というスタイル。そのため、こちらはCVは日本語版と同じく小原好美。ショートアニメも字幕ではあるものの配信されたが、『アロナちゃんねる』とユウカアリスシロコ&対策委員会一同のショート動画については日本限定のため配信されていない。


なお、ここまでぶっ飛んでいるのは台湾だけ。他は普通…かと思いきや、タイ版はやけに頼もしく、不正ユーザーをBANした際は「不正ユーザーに慈悲は無いとの発言を残している。


キャラソン

2023年10月の生放送でキャラクターソングシリーズ「青春あんさんぶる」が発表され、同時にトップバッターを飾った。

曲名は「エブリディいっしょ♪」。作曲はすべてをギャグ時空に巻き込む魔法の曲で知られるミツキヨ氏。配信も行われるが、CDにのみボイスドラマのトラックがある。


関連動画

アロナちゃんねる → アロプラちゃんねる

「先生こんにちは!アロナちゃんねるのお時間です!」

YouTubeの日本版公式チャンネルやTwitterで不定期に公開される、アロナをメインにしたアニメーション動画。全53回。2021年4月7日の初回から2023年7月23日までの2年3ヶ月、先生達に今後の展開や癒し、笑いを提供した。


クリスマスのコスプレをしてみたりランドセルを背負ったり、ハロウィンの仮装をしたりと様々な姿を見ることができるのだが、内容が次に登場するキャラクターの伏線になっていた、なんてことも。

前述の通り、ここではアロナは人間の声の音質で流暢に話すことができる。初期はロゴが無かったが、#18から専用のロゴがつけられた。


基本的にはアロナ以外は登場しないのだが、#9ではシロコと先生に出番を取られてしまった。

更にクリスマス拡大版ではシロコの他にヒフミアルも出演した。


ちなみにこの『アロナちゃんねる』での話題だが、次のアップデート追加されるキャラや開催されるイベントを暗喩する内容となっている回がいくつかあることから、一部の神学者先生の間では「神託」と呼ばれており、新たに動画(神託)が投稿される度その解釈を巡り議論が行われている。


グローバル版の公式チャンネルでは『アロナちゃんねる』が無いため、海外の先生達からのコメントも散見されたりする。


2023年7月23日に最終回…となったが、その日の生放送の最後に新レギュラーを加えた番組にリニューアルすることが発表され、まだまだ続くことが判明。先生達を安心させた。


PV

事前登録受付中PV。ナレーションはアロナ=小原好美


新PV

2種類の新PV。ナレーションは同じくアロナ=小原好美



強風オールバック」カバー(台湾版)

台湾版公式によるパロディ。日本語字幕あり。ガチャで爆死して「勘弁してくれよ!」と怨嗟の声が向けられることもネタにされている。


関連イラスト

アロナちゃんアロナちゃん *


前述の『アロナちゃんねる』で先生にことあるごとに黒ビキニを着せられそうになっているせいか、黒ビキニを着用したイラストも複数見られる。

ちなみにその後、『アロナちゃんねる』#36で本当に着ている姿を見せたほか、台湾版の公式チャンネルでもこの姿になった。

アロナの黒ビキニ……ありがとうありがとう……アロナ


関連タグ

ブルーアーカイブ


連邦生徒会長…先生にシッテムの箱を用意していた人物。外見が非常に似通っているほか、CVが同一人物であるため何かしらの関係性を疑う先生は多い。


関連リンク

アロナちゃんねる/YouTube再生リスト

アロプラちゃんねる/YouTube再生リスト


























ここより先ネタバレ注意




































プレナパテスの完全な消失と共に去ろうとしたプラナを、アロナはこちら側のシッテムの箱に受け入れる。そのため最終編クリア後はプラナが実際にお仕事選択画面に登場するようになる。

しかしその影響で大幅に容量を食っているらしく、普段以上に眠くなることが増えた模様。


























最終編の後日談(1)で、プラナは「ここでも」連邦生徒会長が行方不明であることを認識する。(即ち、プラナの次元においても同様に連邦生徒会長は行方不明であると考えられる)


続く後日談(2)で、プラナは(プラナの次元における)シッテムの箱のOSである自身とアロナが異なる存在であることも併せて説明する仮説を立て、アロナの寝姿に対し「ここに居たのですね」「連邦生徒会長」と呟いたが……。


2024年2月現在、このプラナの「仮説」の内容はまだ明かされていない。


なお、この一連からOS「A.R.O.N.A」本来の姿はプラナの方だと仮定して、アロナはイレギュラーな状態であると推測するプレイヤーも多い。

関連記事

親記事

連邦捜査部S.C.H.A.L.E れんぽうそうさぶしゃーれ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99334691

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました