ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

正式名称は「アンドラ公国」。
(カタロニア語ではPrincipat d'Andorra)
首都:アンドラ・ラ・ベリャである。
公用語:カタロニア語


フランク王国のカール大帝がヨーロッパのピレネー山脈中においたスペイン辺境領の一つを起源とする、スペインフランスの間に位置する立憲君主制国家
スペインポルトガルと同じくイベリア半島に属している。

歴史的理由により、カタルーニャ(カタロニア)のウルヘル(ウルジェイ)司教とフランス大統領(革命前はフランス国王)が共同大公として国家元首となっている。アンドラで使われる通貨は常にフランス・スペインと同じであり、そのためヨーロッパ連合には加盟していないが現在はユーロを使用している。リヒテンシュタインモナコに並ぶ、現在世界に3ヶ国しか無い「Principality」として存在する公国の1つである。
国旗がモルドバと似ているためたまに間違われる。

古くから同地域の国家として存在しているが、1990年代に入るまではフランスとスペイン以外の国とは基本的に関りを持っていなかった。

ニューヨークタイムズの記事によれば、アンドラは第一次世界大戦の時は独自の軍隊を保有していたが、あまりにも小規模すぎて(11人しかいなかった)ベルサイユ条約の調印式に当たって存在を忘れられてしまい、形式上第一次世界大戦に参戦したまま第二次世界大戦に参戦することとなったとされている。
ただし2014年に公表された歴史家ペレ・カベロの調査結果では、アンドラがドイツに宣戦布告し、第一次世界大戦に参戦していた事を証明する公的な文書はアンドラ・ドイツ両国に存在しておらず、同じように軍隊を保有していたという記録も無かったことが判明している。
現在はフランスとスペインに防衛を依存している。

ヨーロッパの「買い物天国」と言われ、免税店が軒を連ねている。買い物目当ての観光客が大勢押し寄せており、免税店以外にもギネス記録を持つ世界一長い滑り台・ヨーロッパ最大規模の温泉施設・スキー場がある。特産品はタバコであり、大変香りが強いため珍重されている。

関連キャラクター


関連タグ

ヨーロッパ 南欧 西欧
フランス スペイン カタルーニャ
カール大帝

関連記事

親記事

ヨーロッパ よーろっぱ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19076

コメント