ピクシブ百科事典

イシュミール

いしゅみーる

イシュミールとは『グランブルーファンタジー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「温めてあげることはできないけれど……冷たくなら、してあげられる。……どう?」
「私はイシュミール。雪女と、呼ばないでほしい……」
「暑苦しい人、嫌いじゃないわ」

プロフィール

年齢27歳
身長135cm
種族ドラフ
趣味情熱的なこと、暑苦しいこと、スリリングなこと
好き刺激的なこと、辛い食べ物
苦手寒いところ、無関心、退屈
CV遠藤綾

人物像

とある雪山にある「永久氷室」と呼ばれる領域の守り人。魔氷と呼ばれる凍結の力を持つ。
しかしあくまで後天的な能力で本人は普通の人間なため寒さに特別強い、というわけではない。
むしろ寒いところよりも熱い所を好む。溶岩地帯ではしゃいでしまう程である。
食べ物だと辛い物が大好きで、裏で違法行為を行う性格の悪い料理店の店長が作った、完食させる気ゼロの激辛メニューですら余裕で平らげてしまう。

「イシュミール」という名はドラフの人名の命名法則(最初の字と最後の字の母音が同じ)に反する。
これは本名ではなく、歴代「氷室の守り人」の役職名のようなもの。
彼女にとっては嫌いな者達から押し付けられた名である。だが、主人公たちの仲間になり、元いた場所から離れても使い続けている。
かつて彼女の心を救った「あの人」が彼女に似合うと褒めた名であり、それもあって自身の「運命の名」として受け容れている。
自分の本名のこともかつては嫌っていた。

多対一の状態で刃を向けられても動じない肝の太さを持つ。
普段から落ち着き払っており、切り替えも早い。相手が誰であろうと、相手を怒らせるような内容であろうと思っている事はそのまま口にする。

彼女が動揺する事柄があるとするなら、後述の洞窟関連くらいのもの。

イシュミール

氷室の守り人 イシュミール


戦闘においては敵に凍気をぶつけ、スキルで氷の剣を生み出して周りを囲ませる。奥義使用時には浮遊させた氷の刃をぶつけ、締めに氷の大剣を自らの手で振るい、叩きつける。

主人公たちとの出会い

『道を塞ぐ氷塊の除去と”雪女”の退治」の依頼を受け、山を進んでいた主人公たちに襲い掛かった魔物を氷漬けにした。

彼女はふもとの村で生まれてたが、幼い頃に掟により“雪山の人身供犠”として捧げられた過去を持つ。
「人身供儀」の詳細はまだ明らかではないが、主人公一行と出くわした際に「まだ、供儀には早い」と発言している。
守り人を「供儀」の対象として定める因習は古来から続いていたらしく、彼女は前任者の男性から大事にされた。
しかし彼はもうこの世にはいないようだ。

早々に「雪女」すなわち自分の討伐という目的を捨て、氷塊の除去だけしようとした一行にも強い拒絶を示した。
会話中に光を放った彼女の背後の洞窟に目をとめ、進もうとした際には明確な殺意と力を向けてきた。
洞窟の奥には彼女にとってとても大切なものがあるらしい。

そのことを認識し、一行が接近を止め謝罪すると、彼女は発生させていた氷塊を雪に変え無害化した。
彼女曰く「あの人」が死んでから、彼女の要求を聞いてくれた者はいなかったらしい。

氷塊の除去のみを済ませて依頼を終わらせようとする一行に対し、彼女はそれでは依頼主たちは納得しないと言う。
しかし自分を同行させれば捕縛はしたことになる。こう持ちかけ、イシュミールは主人公たちの騎空団に加わる事になった。

性能

水属性の攻撃タイプのドラフ。

所有するアビリティは「ニヴルヘイム」「フェアウェル」「スティル・ビリーヴ」の三つ。
ニヴルヘイムは攻撃力を上昇させ、蓄積する事で奥義の威力を上昇させる「氷剣」を生み出し周囲に浮遊させる。
「フェアウェル」は防御力が下がるかわりにクリティカルの発生確率が上昇する。
「スティル・ビリーヴ」は自身の奥義ゲージの上昇量を上げ、敵対心を下げるアビリティ。

サポートは防御力は下がるが火属性の敵に対し攻撃力が上がる「冷たい女」、氷剣を最大五本溜める事ができ、それに応じてダメージとその上限が上昇する「白の切っ先」。

関連タグ

エリン(グラブル) リーシャ(神撃のバハムート):同時期(2016年10月31日)にガチャに実装。

pixivに投稿された作品 pixivで「イシュミール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1311264

コメント