ピクシブ百科事典

イシュミール

いしゅみーる

イシュミールとは『グランブルーファンタジー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「温めてあげることはできないけれど……冷たくなら、してあげられる。……どう?」
「私はイシュミール。雪女と、呼ばないでほしい……」
「暑苦しい人、嫌いじゃないわ」

プロフィール

年齢27歳
身長135cm
種族ドラフ
趣味情熱的なこと、暑苦しいこと、スリリングなこと
好き刺激的なこと、辛い食べ物
苦手寒いところ、無関心、退屈
CV遠藤綾


銀髪、純白のドレス、氷を操る能力と、いかにも「雪の女王」然とした容姿のドラフの女性。とある雪山にある「永久氷室」と呼ばれる領域の守り人で、魔氷と呼ばれる凍結の力を持つ。
「ナーゲルリング」入手で通常版が、「パーマフロスト・ソード」入手で期間限定の水着ver.が仲間になる。

奥義アビリティサポートアビリティ
通常SSRレド・ブラストニヴルヘイム/フェアウェル/スティル・ビリーヴ白の切っ先/冷たい女
水着ver.レド・ブラストヨトゥンヘイム/ブリザード/ホワイト・ウィルム真夏の夜の夢/白の切っ先

人物像

前述の通り雪女のような外見・能力の持ち主だが、あくまで後天的な能力で本人は普通の人間なため、寒さに特別強いというわけではなく、むしろ寒いところよりも熱い所を好む。溶岩地帯ではしゃいでしまう程である。
食べ物だと辛い物が大好きで、裏で違法行為を行う性格の悪い料理店の店長が作った、完食させる気ゼロの激辛メニューですら余裕で平らげてしまう。

「イシュミール」という名はドラフの人名の命名法則(最初の字と最後の字の母音が同じ)に反する。
これは本名ではなく、歴代「氷室の守り人」の役職名のようなもの。
彼女にとっては嫌いな者達から押し付けられた名である。だが、主人公たちの仲間になり、元いた場所から離れても使い続けている。
かつて彼女の心を救った「あの人」が彼女に似合うと褒めた名であり、それもあって自身の「運命の名」として受け容れている。
自分の本名のこともかつては嫌っていた。

多対一の状態で刃を向けられても動じない胆力を持つ。
普段から落ち着き払っており、切り替えも早い。相手が誰であろうと、相手を怒らせるような内容であろうと思っている事はそのまま口にする。

彼女が動揺する事柄があるとするなら、後述の洞窟関連くらいのもの。

イシュミール

氷室の守り人 イシュミール


戦闘においては敵に凍気をぶつけ、スキルで氷の剣を生み出して周りを囲ませる。奥義使用時には浮遊させた氷の刃をぶつけ、締めに氷の大剣を自らの手で振るい、叩きつける。

主人公たちとの出会い

『道を塞ぐ氷塊の除去と”雪女”の退治」の依頼を受け、山を進んでいた主人公たちに襲い掛かった魔物を氷漬けにした。

彼女はふもとの村で生まれてたが、幼い頃に掟により“雪山の人身供犠”として捧げられた過去を持つ。
「人身供儀」の詳細はまだ明らかではないが、主人公一行と出くわした際に「まだ、供儀には早い」と発言している。
守り人を「供儀」の対象として定める因習は古来から続いていたらしく、彼女は前任者の男性から大事にされた。
しかし彼はもうこの世にはいないようだ。

早々に「雪女」すなわち自分の討伐という目的を捨て、氷塊の除去だけしようとした一行にも強い拒絶を示した。
会話中に光を放った彼女の背後の洞窟に目をとめ、進もうとした際には明確な殺意と力を向けてきた。
洞窟の奥には彼女にとってとても大切なものがあるらしい。

そのことを認識し、一行が接近を止め謝罪すると、彼女は発生させていた氷塊を雪に変え無害化した。
彼女曰く「あの人」が死んでから、彼女の要求を聞いてくれた者はいなかったらしい。

氷塊の除去のみを済ませて依頼を終わらせようとする一行に対し、彼女はそれでは依頼主たちは納得しないと言う。
しかし自分を同行させれば捕縛はしたことになる。こう持ちかけ、イシュミールは主人公たちの騎空団に加わる事になった。

アウギュステでのバカンス

イシュミール
夏を満喫しましょ!


毎年恒例のアウギュステでのバカンスのため、コルワが仕立てた水着に身を包んでの登場。
雪と氷に囲まれて存分に魔氷の力を振るえた雪山とは違い、騎空団での生活では頻繁に魔氷を解放するわけにも行かず、抑え込んだ魔氷の力のせいで徐々に変調をきたしていた。
そんなある日、カレンから今年の夏はアウギュステで休暇を過ごすこと、アウギュステがイシュミールにとって未知の常夏の島であることを聞かされ胸を躍らせる。
コルワが仕立てた水着を纏ってベネーラビーチに降り立ったイシュミールはその神秘的な美しさで人々の視線を釘付けにするが、そうとは気づかないイシュミールはバカンスを満喫するべく駆け出していく。
浮き輪に乗って海上を引っ張られるアクティビティや暑さ我慢大会、光華祭など、夏を満喫したイシュミールは魔氷に思い出を投影して主人公たちに感謝の言葉を伝えるのだった。
上限解放後のイラストはこの時のもので、イカ焼きやヤキソバに舌鼓を打ちウィンドサーフィンに興じる彼女の笑顔は穏やかでとても美しい。

性能

水属性の攻撃タイプのドラフ。
通常版で所有するアビリティは「ニヴルヘイム」「フェアウェル」「スティル・ビリーヴ」の三つ。
「ニヴルヘイム」は攻撃力を上昇させ、蓄積する事で奥義の威力を上昇させる「氷剣」を生み出し周囲に浮遊させる。
「フェアウェル」は防御力が下がるかわりにクリティカルの発生確率が上昇する。
「スティル・ビリーヴ」は自身の奥義ゲージの上昇量を上げ、敵対心を下げるアビリティ。
サポートは火属性の敵に対し攻撃力が上がる「冷たい女」、氷剣を最大五本溜める事ができ、それに応じて奥義ダメージとその上限が上昇する「白の切っ先」。

水着ver.で所有するアビリティは「ヨトゥンヘイム」「ブリザード」「ホワイト・ウィルム」の三つ。
「ヨトゥンヘイム」は通常版の「ニヴルヘイム」同様に氷剣を生成して攻撃力を上昇させる。
「ホワイト・ウィルム」はその氷剣を消費することで二回発動させられる単体ダメージアビリティ。
最大の特徴は2アビの「ブリザード」で、ザルハメリナの「フレア」同様、3分間マルチバトルの参戦者を含めた敵味方全体に時間経過とともに攻撃力が変動するフィールド効果をもたらすもの。特に発動から72~83秒の間は攻撃力が100%上昇し、麻痺などで反撃できない状態に持ち込めば一方的にタコ殴りにできる。
サポートは、イシュミールの最大HPと防御力が下がるがイシュミールの残りHPに比例してパーティの攻撃力が上昇する「真夏の夜の夢」と、氷剣の数に応じて奥義ダメージとその上限が上昇する「白の切っ先」。ただし氷剣の最大数は2本に減ってしまっている。

関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧
エリン(グラブル) リーシャ(神撃のバハムート):同時期(2016年10月31日)にガチャに実装。
アイル(グラブル) シャルロッテ(グラブル):同時期(2017年7月31日)にガチャに実装。どちらも期間限定SRキャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「イシュミール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2457490

コメント