ピクシブ百科事典

ウェイトゥザドーン

よあけへのみち

ゲーム「キングダムハーツ」シリーズに登場する架空の武器、キーブレードの一つ。
目次[非表示]

概要

キングダムハーツの登場人物リクが扱うキーブレード
元々はリクがマレフィセントから与えられた闇の武器ソウルイーターが、彼の心を媒介にしてキーブレードへと姿を変えたという特殊な経歴を持つ武器でもある。

見た目は持ち手の部分が天使と悪魔の羽根が円を描くような形になっており、刀身はソウルイーターと同じ悪魔の翼、剣先の突起部分は小さく白い翼の形になっている。
キーチェーンの形はハートレスの身体に刻まれているエンブレムから茨のクロスを除いたもの。

ゲーム内の性能

KHII

初登場。
ラストステージ「存在しなかった世界」でゲストメンバーとしてパーティに加入するリクが装備している。
本作ではドナルドグーフィー以外のサブメンバーは武器の変更ができないので、実質的にリクの武器はこれに固定される。
一応キーブレードではあるものの、他のワールドで仲間になるゲストメンバーの武器と同じでこれといって特別なアビリティは付いていない。

358/2Days

隠しキャラクターとして登場するリクに特定のギア(作中における装備を変更させるアイテム)をセットすると、武器がこれになる。
アビリティは残りHPが満タンの時に攻撃力が上がる「エナジーフォース」、同じくHPが満タンの時に被ダメージ量を1/3にまで抑える「エナジーバリア」、さらに同じくHPが満タンの時のみ攻撃に強力な怯み効果が追加される「ライブリーパワー」といったように、残りHP量が最大の時にのみ発動する能力構成となっている。

3D

リクの初期装備として登場。
過去作に登場した時よりもサイズが僅かだが小さくなっている。

KHIII

引き続きリクが愛刀として使っていたが、実は結構疲労が蓄積していたらしく、序盤における闇の海岸での戦いで切っ先がへし折れてしまった
リクはもはや使えなくなってしまったこの鍵を、ある存在への標として置いていく事にし、その後は新たなキーブレードを手に入れて戦っていく事になる。

関連タグ

キングダムハーツ
キーブレード ソウルイーター
リク(キングダムハーツ)

関連記事

親記事

キーブレード きーぶれーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウェイトゥザドーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2187

コメント