ピクシブ百科事典

概要

マイケル・ムアコックの代表作の一つ。

剣と魔法ファンタジー世界(人類文明勃興以前の古代世界)を舞台に、皇帝にして魔術師である主人公エルリック冒険と、魔剣ストームブリンガーがもたらす破滅の運命を描く。

1961年に発表された『夢見る都(The Dreaming City)』ではじまり、1965年の『ストームブリンガー(Stormbringe)』で(主人公の死という形で)一旦完結。
その後数年に亘り、作中の空白期間を埋める新エピソードが発表、数回の再編集が行われ、1970年以降は同作者によるマルチバース作品群『永遠の戦士』の一環に組み込まれた。

1972年にはエルリック・サーガの起点を再構築した長編作品『メルニボネのエルリック(Elric of Melniboné)』が発表され、1989年『真珠の砦(The Fortress of the Pearl)』、1991年『薔薇の復讐(The Revenge of the Rose)』と続く。

さらに21世紀に入り新たな三部作2001年『夢盗人の娘(The Dreamthief's Daughter)』2003年『スクレイリングの樹(The Skrayling Tree)』2005年『白き狼の息子(The White Wolf's Son)』が発表されている。

日本では1980年代1990年代ハヤカワSF文庫で刊行されており、天野嘉孝(現・天野喜孝)による挿画とカバー絵で強く印象付けられた。2006年以降、『永遠の戦士エルリック』と題して再編集版と新三部作が刊行されている。

映像化ビデオゲーム化の事例は確認されていないが、コミック版TRPGは複数種が刊行されている。

関連タグ

ファンタジー SF

マイケル・ムアコック
エターナルチャンピオン

エルリック ストームブリンガー

関連記事

親記事

エターナルチャンピオン えいえんのせんし

pixivに投稿された作品 pixivで「エルリック・サーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261

コメント