ピクシブ百科事典

オニオンスープ

おにおんすーぷ

西洋料理のスープの一種。
目次[非表示]

概要

タマネギを主な素材とした西洋料理の日本で言う味噌汁のような馴染み深い野菜スープの一種で国だけでなく地方ごとで様々なオニオンスープがある。

フランスのオニオンスープ

  • スーパ・ロワニョン
    • タマネギをバターや油できつね色になるまで炒め、ブイヨンを注いでことことと煮込み、トーストしたフランスパンの輪切りを一切れスープ皿に入れ、スープを注ぎ、おろしたエメンタールチーズ、グリュイエールチーズまたはパルメザンチーズをふりかけて食べるタイプのオニオンスープ。
    スーパ・ロワニョン・グラティネ
    • スーパ・ロワニョンを耐熱性の器に注いでからフランスパンを浮かべ、チーズをふりかけてからオーブンに入れ、焼き色がつくまで焼くタイプの日本ではオニオングラタンスープで有名なオニオンスープ。


ドイツのオニオンスープ

  • ツヴィーベルズッペ
    • 一般的な材料はタマネギ、水、調味料のみでタマネギを短冊切りまたはみじん切りにし、油をひいた鍋できつね色になるまで炒め、そのまま鍋に湯を流し入れては煮詰めて、塩・コショウで味付けをするタイプのオニオンスープ。(固形コンソメなども味付けに使われる事もある。)チーズや、クルトンを上に載せることもありシンプルな分様々な料理と相性がいい。
    南ドイツ風ツヴィーベルズッペ
    • バターできつね色になるまで炒めた刻みタマネギに小麦粉をふりかけてさらに炒め、温めたブイヨンまたは牛乳を注いでは煮てから裏ごしし、温め直してから卵黄とクリームを溶いて加えるタイプのオニオンスープ。


イタリアのオニオンスープ

  • ズッパ・ディ・チポッレ・アル・フォルノ
    • 薄切りにしたタマネギを肉のブイヨンで煮てから塩・コショウで味をととのえ、耐熱性の器に盛りつけ、炒めタマネギを薄く切ったパンに塗ってかりっと焼いたクロスティーニ(所謂トースト)を作って浮かべ、おろしたパルミジャーノ・レッジャーノをふりかけてオーブンに入れ、チーズが溶けて表面に焼き色がつくまで焼いたオニオングラタンスープタイプのオニオンスープ。
    カラバッチャ
    • パンチェッタオリーブオイル、刻んだセロリニンジンバジリコを合わせてきつね色になるまで炒めてソフリット(イタリア料理の基礎)を作り、刻みタマネギと塩を加えて弱火でじっくりと炒め、次に辛口の白ワイン・ブイヨングリーンピースを加えて弱火で煮込み、おろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加えて数分置いてから、パンを一切れ入れた器に注いで供するタイプのオニオンスープ。
    • またイタリアでは、イタリアのタマネギのスープがフランスに伝えられ、スーパ・ロワニョンの原型となったと言われている。


関連イラスト

オニオンスープ
お昼古鷹



関連タグ

料理 野菜料理 スープ 西洋料理

pixivに投稿された作品 pixivで「オニオンスープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160

コメント