ピクシブ百科事典

ガッテンマイヤー

がってんまいやー

ガッテンマイヤーとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「ガッテン承知です!」

概要

CV:永田亮子

メイドの服装をした「妖怪家政婦」で、妖精のメリケン妖怪。何を言われても「ガッテン承知です!」と快諾してくれる。主人の頼み事を完璧にこなすが、独り言やこそこそ話などを自分の依頼と勘違いして騒動を起こす事もある。

名前の由来は、「合点(同意すること)」+「アルプスの少女ハイジロッテンマイヤー」から。
全国のお父さんお母さん世代はこのキャラの見た目に見覚えがあるかもしれない。

アニメ

第109話にて初登場。
ウィスパーが妖怪インフルエンザに掛かり、ケータらの求人情報誌を通し、24時間の執事代行としてやって来たこの時ウィスパーは「セバスチャンに頼むんじゃないでしょうね?」と釘を刺していたが、執事ではなく家政婦の為、彼女なら代行を任せても良いと言っている。(当のセバスチャンは魔の5年1組によって爆散している)。

部屋の掃除や宿題代行をテキパキとこなし言うことなしだが、「工作で使う空のペットボトルをなるべく多く集めて欲しい」と言ったら、深夜中集めた大量のペットボトルを調達してきたり、「プリンをいっぱい食べたい」と言ったら胃が満タンになるまで食べさせたりと徐々にエスカレートしていく。(ガッテン承知する時の笑顔に影が掛かっている。)

トイレで彼女の危険性をジバニャンと語り、この際ケータが「地球を壊してと言ったら、本当に破壊しちゃいそう」と言ったのをきっかけに、トイレのタンクの中に潜伏していたガッテンマイヤーは持参したノートパソコンでなんと某合衆国の基地をハッキングしてミサイルジャックし、本当に地球を破壊しようとした。

何とかして彼女のハッキングを止めようとジバニャンは割って入るも、完遂するまでの能力は凄まじく、彼女が生み出すどこかで見たことある結界で妨害しジバニャンは敗北。有無を言わさずケータはオロチを召喚。オロチの全力パンチでついに結界を破壊…、したと当時に執事代行の終了時間のベルが鳴った。
ガッテンマイヤーはハッキングを中止し、メダルを渡して去っていった。


今日の妖怪大辞典では、小さな面倒事もやらせてしまうケータを注意するウィスパーを彼女が片付けさせられてしまう。

コロコロ版


ちゃお版


関連イラスト

ガッテンマイヤーさん、怖いでしょう…。
妖ウォつめつめ


関連タグ

妖怪ウォッチ ポカポカ族 メイド 家政婦 妖精

pixivに投稿された作品 pixivで「ガッテンマイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11549

コメント