ピクシブ百科事典

キセキ相棒組

きせきあいぼうぐみ

漫画『黒子のバスケ』のグループタグ。「キセキの世代」の相棒と考えられるメンバーが描かれた作品につけられるタグ。
目次[非表示]

概要


火神大我高尾和成

黒子のバスケ』に登場するキセキの世代には6人のメンバーがいるが、原作では黒子テツヤ&火神大我緑間真太郎&高尾和成の2組が高校での相棒だと明らかになっている。

笠松幸男今吉翔一

本編外では、週刊少年ジャンプ2013年第14号(2013年3月18日号)内の「誠凛高校バスケ部通信」第40Qで、笠松幸男今吉翔一高尾和成「”キセキの相棒”たち」として紹介されており。
更に季刊エス49号(2015年1月1日発行)の原作者インタビューでは、「キセキの世代と相棒関係」の項目にて、「チャラめの黄瀬の横には先輩然とした笠松青峰みたいな個人プレーをするヤツの横にはしたたかな今吉」をと、二人がキセキの世代の為に相対的に用意されたキャラである事が触れられている。

氷室辰也黛千尋

キセキの対となる表記としては、作中にて紫原敦氷室辰也が陽泉の「Wエース」として扱われている。
また赤司征十郎黛千尋が週刊少年ジャンプ2014年第37・38号(2014年8月25日・9月1日号)内の「漫画塾」で「光と陰」の関係として紹介され、公式ファンブックのくろフェス!でも「洛山の光と影」と表記されている。

その他のキャラクター

上記の6人以外にも、その関係に近しいメンバー(後述)にて、ファンによる同様の二次設定が行われている。

そんな相棒メンバーが描かれている作品につけられるタグである。

このタグは腐向け作品につけられる場合もある。そのような腐向け要素を含む作品の場合には「腐向け」や「黒バス【腐】」などのタグとの併用が望ましい

相棒となるキャラクター

キセキと相棒の対応表。複数のメンバーが相棒として挙がっているのは、その対となるキセキについて相棒の描写が本編で明確でないこと等から、それぞれ異なった本編外の描写や二次創作に基づいているためである。括弧付きは「キセキ6人と誰が対応しているか」以外に事情を含むもの(後述)。

キセキの世代相棒
黒子テツヤ火神大我
黄瀬涼太笠松幸男
緑間真太郎高尾和成
青峰大輝今吉翔一 桃井さつき 桜井良 若松孝輔
紫原敦氷室辰也
赤司征十郎黛千尋 実渕玲央 葉山小太郎 (後述1人)
(キセキ5人+火神大我黒子テツヤ

キセキ5人+火神大我黒子テツヤ

キセキの世代の「幻の6人目(シックスメン)」である黒子誠凛での相棒は火神であるが、帝光では5人のキセキのサポート役として「影」を自称し、「光」である青峰の相棒であったという意味で、自身も「キセキの相棒」として創作されることがある。

また、その才能の高さから火神をキセキ(と同等)、黒子をその相棒として、「キセキの相棒」として扱われることがある。

以上のように「黒子が相棒」として扱われる場合は、自らの才能を認識しながらもエース達の支えに尽力する相棒達を重視して作られた「天才相棒組」というタグが使われることもある。

赤司征十郎と降旗光樹

投稿作品の中には、原作でキセキ以外のキャラクターとして偶発的な接触をした降旗を、赤司の相棒として扱うものがあるが、これはあくまでも二次設定のみのものであり、原作での両者の意図的な交流の描写に基づくものではない。そのため、投稿者が降旗を「相棒」に含めたい場合は、他に前置きなどがあれば分かりやすい。

関連イラスト

黒子のバスケアンソロジー 『MVP』
うちのキセキが一番カワイイ!


一人じゃないから
キセキと相棒



関連タグ

黒子のバスケ キセキの世代
黒子のバスケ グループ・カップリングタグ一覧

相棒のグループタグ

天才相棒組 影コンビ 新旧影コンビ 影トリオ
アメリカ弟子組

キセキと相棒のグループタグ

キセキの世代+火神大我 七色キセキ
光と影コンビ 帝光光と影コンビ 光と影トリオ
チャリアカー組 / 秀徳の光と影
光コンビ 陽泉Wエース

pixivに投稿された作品 pixivで「キセキ相棒組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8518462

コメント