ピクシブ百科事典

キドウ(仮面ライダー響鬼)

きどう

ここでは、小説仮面ライダー響鬼に登場するキドウについて解説する。

概要

小説『仮面ライダー響鬼』に登場する吉野を束ねるイブキの側近を務める破戒僧のような外見の巨漢。

ハヤテの父親である谷の鬼十とは彼が吉野にいたころから大の親友同士であったが、諸事情で彼に“鬼祓い”を施し、吉野の里から追放した過去を持つ。
その外見と同じく、何よりも鬼の規律を重んじる悪く言えば堅実、悪くいえばは融通の利かない堅物であり、その為に奔放なヒビキとはそりが合わず、彼の事を厄介払いしているが、なんだかんだとヒビキを時には厳しく、時には優しく、本当の息子のように可愛がっている節もある。

本作で起きた鬼十絡みの事件に対しては何か思う所があるらしく、また、ヒビキやハヤテの出生の秘密を知っているようだが…。

鬼堂

キドウの音撃戦士としての姿。
吉野の重鎮だけに歴戦練磨の実力を持ち、戦闘時には巨大なホラ貝を使った音撃を得意とする。

以下、ネタバレに付き閲覧注意









実はヒビキとは叔父の関係であり、また、本作のヒロインであるサキ父親でもある。

かつて“鬼の鎧”を開発した鬼十を断腸の思いで吉野の里から追放したが、その為に自分のであり、ヒビキの母親でもあるサツキ(鬼十を追いかけて魔化魍に遭遇し、命を落とした)を失ってしまったという過去を持ち、その自責の念からヒビキを彼の様にならない様にと厳しく育てていた。

また、鬼の規律を重んじるあまりにもの真面目過ぎる性格の為に、鬼十の苦しみや、戦いで深手を負ったキリュウの気持ちを理解する事が出来なかったが故にその事が後々に様々な災いを招く原因となってしまう事に。

コメント