ピクシブ百科事典

サキ(仮面ライダー響鬼)

さき

ここでは。小説仮面ライダー響鬼に登場するヒロインのサキについて解説する。

概要

小説『仮面ライダー響鬼』に登場する厳しい修行に耐え抜き、に変身する力を身に付けた吉野では珍しい女性音撃戦士
本作のヒロインでもあり、ヒビキ(初代)やイブキとは幼馴染の18、9歳の少女

基本的にはお転婆な性格の持ち主だが、ある理由から独断行動の多いヒビキの姉貴分を気取るなど、何かと彼を気遣う年相応の世話好きな所もある。

その身体能力と頭の回転の良さは吉野でもトップクラスの実力を持ち、劇中ではドロタボウの群れを単独でも撃破する程に戦闘能力が高いが、普段は戦場に立って動くことは殆ど無く、専ら持ち前のフットワークの軽さを活かして密偵として働いている。

………というのは表向きの理由で、実際には戦場から女を遠ざけたいという吉野側の思惑が働いているというのが実情なのだが…。

ちなみに鬼の変身の性質上、変身時には衣服を脱ぎ捨てて全裸になる。
そう、全裸になる……… 。

    
(大事な事なのでby)

関連項目

佐鬼 小説仮面ライダー響鬼
朱鬼

以下小説のネタバレに付き閲覧注意‼






















彼女が吉野から密偵としての使命を与えられているのは上記に示している通り、吉野側の男尊女卑なしきたりから来るものもあるが、その真意は彼女の父親でもある“キドウ”が、自身の過去の過ちから来る罪悪感から、娘のサキを少しでも危険から遠ざける為に遠ざけていたというのが真相である。

ちなみに彼女がヒビキの面倒を見ているのは、過去無理やり当時まだ、ヒビキが独自に編み出した太鼓音撃に対抗心を抱き、嫌がる彼を無理やり説得して力比べを行い大怪我を負い、そのせいで響鬼につらい思いをさせたという自責の念から来るもあるが、実際には彼との長い付き合いの中で徐々に心惹かれて、恋愛感情を抱くようになったというのが真相である。

コメント