ピクシブ百科事典

キャスパー

きゃすぱー

1:アメリカの映画 2:デススマイルズの自機の一人
  1. 映画。子供の幽霊、キャスパーの物語。
  2. 株式会社CAVEより発売されている横シューティングゲーム「デススマイルズ」に登場するキャラクター。→キャスパー(デススマイルズ)
  3. 漫画『ヨルムンガンド』の登場人物。→キャスパー・ヘクマティアル


1.について

『キャスパー』(Casper)は、1995年のアメリカ映画。ファンタジーコメディ。同名のテレビアニメ『キャスパー』シリーズの実写映画化作品。
ILMによるCGで表現された淋しがりやで人なつこいキャスパーを始めとするゴーストたちと、父娘の交流を描く。

物語

ある日、大富豪の一人娘であるキャリガン(演:キャシー・モリアーティ)が、父親の遺言によりメイン州にある古びた屋敷“ホイップスタッフ”の相続をすることになる。
莫大な遺産を期待していたキャリガンは、大金を寄付に回した父親に憤慨して権利書を暖炉に放り込んでしまう。急いで権利書を拾い上げようと、腰巾着な弁護士のディッブス(エリック・アイドル)が腰をかがめた時、権利書に秘密のメッセージが浮かび上がってくる。そこには、その屋敷に宝物が眠っているという文字。
2人は慌てて燃えかけた権利書を拾い上げて、メイン州へ急いだ。

そんな頃、ホイップ・スタッフに住む少年の幽霊であるキャスパーは一人ぼっちでいた。友達もなく、一緒に住む意地悪なゴースト3人組からこき扱われる毎日。面白半分に屋敷へやって来る人間に話しかけては逃げられる日々を送っていた。
ある日、テレビを見ていると、幽霊を専門にセラピーを開いている心霊学者のハーヴェイ博士(ビル・プルマン)と孤独なその一人娘キャット(クリスティーナ・リッチ)の存在を知る。タイミング良くやって来たキャリガンとディッブスが、屋敷の幽霊を追い払おうと悪戦苦闘していることを知ったキャスパーは、ハーヴェイ博士らがホイップ・スタッフへやって来るよう細工する。

数日後、欲望丸出しのキャリガンから雇われたハーヴェイ博士は、娘のキャットを連れてホイップ・スタッフへ。
到着したその夜、早速意地悪なゴースト3人組から追い出されようとされるハーヴェイ博士らだったが、キャスパーだけは何とかキャットと仲良くなろうと奮闘する。
次第に幽霊を怖がっていたキャットも、キャスパーの優しさに心を開いていく。

キャットは地元の学校に転入し、以前から子供達の噂の的だったキャットの家でハロウィン・パーティを開催することとなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「キャスパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1007102

コメント