ピクシブ百科事典

キンタロー

きんたろー

キンタローとは、人名もしくはキャラクター名。pixivでは主に以下の人物を指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本の女性ものまね芸人。→キンタロー。
  2. 柴田亜美の漫画『南国少年パプワくん』の登場人物。本項で解説。


キンタロー(南国少年パプワくん)

形見


CV:森川智之(南国少年パプワくん)、伊藤健太郎PAPUWA

覚醒したコタローの秘石眼を見舞い絶命したシンタローの肉体から復活した人物で、シンタローの精神の介入により長い間眠りについていた本来の精神。

登場初期は好戦的で狂暴な性格であり、弟であるコタローと結託しパプワ島に入島。シンタロー同様に「眼魔砲」が使える他、左眼に秘石眼を持つ。

その血筋はガンマ団総帥・マジックではなく、その弟・ルーザーの息子であること(同時にルーザーの息子とされたグンマが、マジックの長男であること)が判明。青の秘石の番人・アスによって操られた実父・ルーザーと闘うことになる。

戦いの後はシンタローやグンマたちと和解。
とくに共闘したグンマと連れ添って行動することが多く、ガンマ団では同じく科学者として活動するようになる。グンマからは「キンちゃん」と呼ばれている。

続編『PAPUWA』にも続けて登場。
髪はルーザーに近い短髪に変わり、性格も前作から打って変わり冷静沈着・頭脳明晰な知識人となっている。第二のパプワ島に訪れた際には、パプワハウスに土産を持参し食事も事前に済ませてくるなどしており、リキッドからは「気遣いの紳士」と評されている。ただし、知識の多くは本や書籍に頼っているものがほとんどであり、若干ながら世間知らずでマイペースなところもある。

また科学者としても有能であり、作中では同じコンセプトの発明品をグンマのものと比較される流れがお約束となっている(大概はデザインに無駄のないシンプルなものがキンタロー、奇抜でファンシーなものがグンマの発明品という流れ)。

その他、麻雀を得意とし、成り行きでハーレム特戦部隊のメンバーと夜通し麻雀を行い、翌朝リキッドが帰宅したころにはメンバー全員を全裸にしている

なお、登場初期は白(ホワイト)シンタローと呼ばれていたが、作者・柴田の友人で第一作のアニメにてシンタローの声を演じた緑川光により「(金髪のシンタローだから)キンタロー」と名付けられたという経緯がある(作中ではドクター高松が命名したことになっている)。

関連タグ

南国少年パプワくん PAPUWA
シンタロー コタロー グンマ ルーザー

関連記事

親記事

人名一覧 じんめいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キンタロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100748

コメント