2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウルトラファイトに出演したときの光熱怪獣キーラの名称。
着ぐるみは『ウルトラマン』で使用したキーラを改造したもので、体に黄色い縞模様が入っているのが特徴。他にも唇は赤くなっており、目の電飾が外された代わりに黄色のペンキを塗りたくられている。


ゴーロンとは旧知の中。他の怪獣達の戦いを観戦して声援を送ったり雪山でダンスをしたりリンゴをひたすらムシャムシャと食べたりする。
また、第178話「必殺!居合の浜」では「怪獣道とは、生きることと見つけたり」という謎の名言を残している。

新撮編の後半から登場した怪獣だが、戦績は全25戦4勝10敗11分とそこそこ健闘している。

余談

原点との名称やデザインの違いには理由がある。キーラはそもそもモノトーンの怪獣であるが故に、イベント等での露出ではあまりにも地味で目立ちにくかった。そこで黄色の縞模様が施されたのだが、いつからかイベントスタッフから「黄色い怪獣」→「キーラー」と認識された為である。

また、1966年から1968年にかけてTBSで放映されたテレビドラマ『泣いてたまるか』76話「おゝ怪獣日本一」にキーラとサイゴが新録で対決しているシーンがあるのだが、よく見るとこの時からキーラに縞模様が付いている。

電子戦隊デンジマン』の同名のベーダー怪物が登場している。詳細についてはこちらで。

石ノ森章太郎のリュウ三部作『番長惑星』にも同名の殺人怪鳥が登場した。和名はメンナイチドリ。

関連タグ

ウルトラファイト 光熱怪獣キーラ

関連記事

親記事

光熱怪獣キーラ こうねつかいじゅうきーら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22668

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました