ピクシブ百科事典

ギデオン(DINER)

ぎでおん

ここでは、平山夢明氏の同名小説を原作とした漫画版『DINER』の登場人物について解説する。
目次[非表示]

「ノン ノンノン ノンノでゲスなあ もうすこしびゅーてぃふるに登場しようとしてたのスに…」

「へへへへへ げすね げすな オイラが現れる時 それは殺し屋を屠る時のすナァ」

「んーーーーむイイネ!! びゅーてぃふるな愛でゲス 祈りましょ 安らかに眠れますように……」

プロフィール

生年月日個人情報でげねす。でも2/29日。まだ九歳なんのすんの。(36歳)
特技キルティングす
好きなもの人が驚く顔でのす
嫌いなものダサい人す
好きな映画ヘドヴィグ・アンド・アングリーインチ
将来の夢みんなに愛されるケーキ屋さん
座右の銘天上天下唯我独尊


概要

上からの命令で、身内に手を出さないといった掟を破った者や裏切り者殺し屋粛清する”排水屋(ドレイナー)”。サモトラケのニケが持ち手にあしらわれたを愛用し、それに仕込まれた鋼線による切断不意打ちが得意。田舎者っぽい口調におどけた性格の持ち主だが、本性は頭脳明晰にして残忍。敵の策略を見抜いた上で、あえてそれに乗った上で出し抜き、一杯喰わされた相手をあざ笑う悪辣さも併せ持つ。同業者からは嫌われているようで、ボンベロからは店を出禁にされている。

殺し屋稼業から足を洗ったにもかかわらず私用で舞い戻ってきたポロンと、賞金首になった彼を仕留めるために彼の娘に手を出した殺し屋集団「スローターズ」を粛清するために本編初登場。スローターズの一人であるイカサマ賭博の司令塔を殺した上でその皮を被ってなりすまし、賭博で取るべきでない指示を出して彼らを破滅させた。その後はスローターズを華麗な身のこなしと鋼線で皆殺しにし、その後ポロンも鋼線で顔を縦に輪切りにして殺害した。

その後も度々、ボンベロ達の前にいわゆる解説役として登場している。

関連項目

DINER

関連記事

親記事

DINER だいなー

兄弟記事

コメント