ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本神話に登場する木を司る。“クグノチ”とも。
古事記』では久久能智神。『日本書紀』では句句廼馳と表記される。

神話によると、イザナギイザナミの間に産まれた神であり、『古事記』に記された記述ではククノチの次に山の神・オオヤマツミ(大山津見神)、野の神・カヤノヒメ(鹿屋野比売)が産まれたとされ、『日本書紀』に記された記述では次に山・川・海を司る神々の次に産まれ、その次に草や野の精であるカヤノヒメ(草野姫)が産まれたとされる。
また、第六の一書では木を司る神々の総称として紹介されているという。

森を始めとするありとあらゆる木々を支配しているとされ、草木とその成長を司り、ひいては生命力全体を司る自然神であり、林業や土木開発に携わる人々に信仰されているという。

関連イラスト

神樹 ククノチ



関連項目

日本神話

関連記事

親記事

日本神話 にほんしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ククノチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85156

コメント