ピクシブ百科事典

クリスティン・V

くりすてぃんびぃ

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物。
目次[非表示]

概要

惑星カラミティの大国フィルモア帝国の名門ビィ家出身の女性騎士。皇帝代理騎士(ハイランダー)。星団暦2968生まれ。
フィルモア帝国がドナウ帝国だった時代の筆頭騎士であったハロルドラント・マーカスの末裔で、帝国のエリート騎士団ノイエ・シルチスの筆頭騎士バーバリュース・Vを父に持つ。
パートナーはバランシェ・ファティマの町。使用MHGTM)はVサイレン・ネプチューン(GTMメロウラ)。
愛称は「クリス」。
超常の力と約束された地位を持つがゆえに一般の人々からの嫉妬や差別に晒され、そして政治的思惑に翻弄されるという騎士を取り巻く星団社会の「負の側面」を象徴するキャラクターである。

人物

幼少期より強力な騎士の血が発現していたが、父であったバーバリュース・Vが当時無名で駆け出しのデコース・ワイズメルに敗れたことをきっかけに、フィルモアの名を汚したとして学校などで壮絶ないじめに遭い、それに耐えかねて30歳(地球人換算で9歳前後)の時に上級生の一般人を殴殺してしまう。
騎士の力で一般人を殺害した罪による死刑求刑がなされ、さらに連行される途中に逃亡したことで即時処刑の判決が下されるが、身分を隠したフィルモア皇帝レーダー8世に諭され「シバレース」として帝国に全てを捧げることを誓う。その際、父のパートナーだったバランシェ・ファティマと、皇帝騎であるMHVサイレン・ネプチューンGTMメロウラ)を譲与される。

3007年、ハイランダー称号授与式の日にママドア・ユーゾッタと共にダグラス・カイエンの力試しを受け、カイエンの小指一本で右腕を肩から吹き飛ばされるも、カイエンの「攻撃に耐えられたなら天位をやろう」という言葉を受けた太后宮慧茄・ダイ・グ・フィルモアによって天位騎士の称号を授与された。
そして3030年、62歳(地球人換算で17歳前後)という若さでフィルモア帝国のハイランダーとして魔導大戦の壮絶な戦闘に参戦する。

騎士としての才能は極めて高く、特に戦闘訓練も受けていなかった少女時代に一般人殴殺事件でフィルモア最強の宮廷騎士団に取り押さえられた時も彼らの腕をへし折って逃亡する身のこなしを見せている。
しかし精神的には未熟で脆く、シバレースとなった後もしばしは「普通の女の子」への未練を捨てきれていなかった。そのため、魔導大戦では初陣の激戦で敵を倒したことにより幼少時のトラウマを引き起こし精神的に追い詰められるが、皇帝ダイ・グから渡されたイヤリングの真意を慧茄から聞かされてからは国と彼のために命を捧げる覚悟を決める。

帝国がハスハ占領計画を進めていること、その一環で帝国元老院が現詩女代行フンフト・アトールとダイ・グの政略結婚を画策していることを知らされ、しかもダイ・グがフンフトに惹かれていることに再び動揺するが、フンフトと二人きりになった際に彼女から煽られたのち激励され、ダイ・グから渡されたイヤリングの「由来」を教えられた後、さらに「詩女の預言」を受ける。 

彼女の由緒ある血統と強力な騎士能力、そして何より若く美しい容姿から、凶状持ちながらも帝国の元老院の中では彼女を我が物にして騎士の血を引く子どもを産ませようと欲しがっている者たちは相当数いる。そのため、クリスの身が元老院の意のままとなることを懸念した前皇帝レーダー8世バシル・バルバロッサ、フンフトの意向もあって、3032年レーダー家の養子として迎えられることになる。

関連イラスト

クリス
ハイランダー


クリスティン・V
クリスティン



関連タグ

ファイブスター物語 FSS
Vサイレン・ネプチューン
バーバリュース・V
ダイ・グ フィルモア帝国 ハイランダー

pixivに投稿された作品 pixivで「クリスティン・V」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55604

コメント