ピクシブ百科事典

クルフィックス

くるふぃっくす

クルフィックス/Kruphixとは、トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』の背景ストーリーの登場人物の一人である。(メイン画像左上)「彼方の神、クルフィックス」としてカード化されている。
目次[非表示]

人物説明

『今や、お前は知った。この知識を如何にする?』
テーロス次元に存在する「」とよばれる強大な「命を持ったエンチャント>エンチャント(MTG)」であり、様々な概念を司り信仰を集め不死性を持つ存在の一柱。
青緑のマナに対応する神である。
テーロスの神々は主に自身を信仰する種族に近い姿をしているが、クルフィックスは4本の腕を持ち、全身が神々の故郷たる世界、ニクスの星空に覆われた謎めいた姿で顕現する。

『クルフィックスの洞察』

神となったゼナゴスエルズペス・ティレルに討たれ、テーロスの争乱が終わった後、争乱の結末、太陽の神たるヘリオッドによって彼自身に選ばれし太陽の勇者エルズペスが勇者の証たる武器で貫かれる様を目の当たりにし、思い悩むクルフィックスの神託者たるキデーレ。
彼女に対しクルフィックスは語った。
「神々とは、自身が定命の者が夜空に見出した『不思議』という想念から、未知で不可知なる地平線に彼方に座す存在として現れたように、姿を成した信仰であること」
「最古の神たるクルフィックスも、定命の者の信仰より先に存在したわけではないこと」
「定命の者に忘れ去られ、消えていった神々も存在すること。テーロス最古の神たる自身すらそれ以前に神が存在したかはわからないこと」
クルフィックスは更に語った。
「テーロスの既知全てを知るはずの者であった自身すらも、世界の安全について学びうる余地があったこと」
キデーレに問うた。
「知識とは心を挫き、忠誠心を試す残酷な呪いである。それでも知ることを望むのか」
と。
クルフィックスの神託者たる者、真実を前に怯んではならない。
そう考えたキデーレは知ることを決意した。
クルフィックスは明かした。
「テーロス以外にも、全く異なる数多の世界が存在すること」
「神々すら存在しない世界もあり、神々はごく局地的な現象に過ぎないこと」
それらの世界の間を歩むことができる者が存在すること」
「ゼナゴスは神の存在しない世界を見、自身も神になることによってテーロスの神々の存在を否定しようとしたこと」
「しかし、自身が本当に悩んでいるのは、世界を歩む者達すら悩ませるもの達のことであること」
キオーラ故郷は、エルドラージと呼ばれる世界を喰らい尽くし去って行く神にも等しい力を持つものに存在を脅かされていた」
アジャニは同じ世界を歩む者であるドラゴン、無限の力と永遠の命を求めあらゆる世界と果てしない時をまたぎ、立ちはだかる者に決して容赦しない強大な敵と対峙した」
「エルズペスはファイレクシアと呼ばれる、異なる世界にもその手を伸ばしつつある極悪非道の者達に支配される世界からここに来た」
「もしもそういったものたちがテーロスを襲ったら、例え神々の力を以てしても止めることは出来ないかもしれない」
「テーロスは所詮深く静かな池の水面を泳ぐ小魚のようなもの。何か巨大な者から深みから上ってくれば一口に飲み込まれてしまうにも関わらず、それ自身は何も知らない。それこそが自身の最大の悩みなのだと」
最後にクルフィックスはキデーレに問うた。
『今や、お前は知った。この知識を如何にする?』
キデーレは計り知ることも、垣間見ることすらもすらできぬ絶望が存在しうるという脅威を前に、ただ何もできないのであった。
『クルフィックスの洞察』)(外部リンク参照)

カードとしての能力

カード名彼方の神、クルフィックス/Kruphix, God of Horizons
マナ・コスト (3)()()
カード・タイプ伝説のクリーチャー エンチャント(God)
パワー/タフネス4/7
能力破壊不能
あなたの緑と青への信心が7未満であるかぎり、彼方の神、クルフィックスはクリーチャーではない。
あなたの手札の上限はなくなる。
使われなかったマナがあなたのマナ・プールから無くなるなら、その代わりにそのマナは無色となる。


関連タグ

MTG
彼方の神、クルフィックス(カード化名義)
伝説のクリーチャー
エンチャント

破壊不能
ニクスへの旅
テーロス

テーロス次元神々

大神


小神


外部リンク

『クルフィックスの洞察』
『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける「彼方の神、クルフィックス」の壁紙ダウンロード

非公式リンク

M:TG Wikiにおける「クルフィックス/Kruphix」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「クルフィックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71

コメント