ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:高垣彩陽


概要

藤本獅郎の使い魔だった猫又(ケット・シー)。元・正十字学園南裏門の門番。

好物は、獅郎特製のマタタビ酒と特製のすき焼き。一人称は俺。121歳。


元は、ある地方の養蚕の守り神として奉られていたが、時代と共に養蚕が廃れ、その祠が取り壊されようとした為に怒り狂っていた。しかしそこを獅郎がなだめ、その後彼と使い魔としての契約を結んで、学園の門番となった。

獅郎にとても懐いていたのだが、獅郎の死後、門の警備員達の会話から獅郎の死を聞き、それを受け入れられずに暴走、雪男ら祓魔師によって処分されかける。だが、の説得で獅郎の死を受け入れて正気を取り戻す。

その後は門番の任を解かれ、書類上は燐の使い魔として共に生活するようになった。


普段は普通の猫の大きさだが、巨大化して悪魔と戦ったり、背中に人を乗せたりする事もできる。

テレパシーのようなもので言葉を話す事も出来るが、分かるのは当然ながら悪魔(燐含む)のみで、他の皆には分からない。


初登場の頃は口元に一本飛び出た牙があったが、今では無くなっている。

これは猫又の証だったらしく、本来の契約主(獅郎)がいなくなった今も人間に付き従っている代償として、猫又の一族に奪われてしまったらしいということが、単行本8巻で判明。

なお、牙があった頃は、人型に化けることも出来たとか・・・。

後付け設定じゃないよホントダヨ。


関連イラスト

こーいう事か!

クロの夢若君


関連タグ

青の祓魔師

藤本獅郎 奥村燐 奥村雪男


曖昧さ回避:クロ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22552

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました