ピクシブ百科事典

グランドひかり

ぐらんどひかり

1989年から2002年まで東海道・山陽新幹線でJR西日本が運行していたひかり号の派生種
目次[非表示]

1987年の国鉄分割民営化直後、当時の最新車両であった100系X編成・G編成は全てJR東海が継承し、JR西日本には0系しかなかった。そこで、旅客サービスの向上と到達時分の短縮を目的に東京-博多間の速達ひかり用としてJR西日本オリジナル仕様の100系を製造することとなった。それがグランドひかりである。

車両設備

100系の目玉である2階建て車を4両に増やした。またG編成では省略された食堂車を復活させた。
2階建て車を4両に増やしたことでX・G編成では付随車となる先頭車が電動車になり、さらなる速度向上のため各部の構造が見直されている。

1~6号車と11号車~16号車は平屋建ての普通車。7号車~10号車は2階建て車両で、1階は7・9・10号車が普通車指定席で8号車は売店、2階は車窓からの展望が良いことや乗客の通り抜けがないことから、7・9・10号車がグリーン車、8号車が食堂車に設定された。
2階建て車の1階席は普通車としたが、快適性や車窓に劣るため座席の横幅を広げた2+2とした。

最高速度は東海道区間では220km/h、山陽区間では230km/h。山陽区間ではATCの220km/h信号を車両側で230km/hに読み替えていた。

運用終了

東海道新幹線で1992年に運転を開始したのぞみ300系はその高い性能から着々と本数を増やし、速度の遅い100系や0系はダイヤ作成の足かせになっていた。まず2000年に3月に食堂車の営業が終了し、2002年に定期運用から撤退した。
さよなら運転が同年11月に実施され、この時は食堂車を営業し、グランドひかり最速ダイヤで運転するなど往年を髣髴とさせる演出が盛り込まれた。この時使用されたのはV2編成だが、2階建て車については状態のいいV9編成と差し替えられていた。

運用終了後

グランドひかりとしての運用を終えた100系V編成の電動車は全てが何らかの形で6両編成のK編成、4両編成のP編成へ再利用された。
2階建て車両についても何も再利用されなかったというわけではなく、グリーン車と普通車の2+2座席が流用され、食堂車の電光掲示板は0系WR編成へ流用された。

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドひかり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 655

コメント