ピクシブ百科事典

500系のぞみ

ごひゃっけいのぞみ

かつて500系車両で運転されていた、東海道・山陽新幹線ののぞみについて。
目次[非表示]

新幹線電車としての詳細は500系列車愛称としての詳細はのぞみの記事をそれぞれ参照。

登場時から

1997年3月より山陽新幹線新大阪駅博多駅間)で運用開始、同年11月から東海道新幹線に乗り入れ東京駅~博多駅間直通運転を開始。日本の営業列車としては初の300km/h運転を行う(山陽新幹線区間で)列車であった。
カワセミを参考にしたという速さを追求した外観は単純にカッコ良く、デビューから15年以上経つ現在もその人気は衰えていない。鉄道ファンならずとも、その強烈な個性で他の追随を許さない人気ぶりを誇っていた。
新幹線電車の系列名が広く一般に注目されるようになった原点ともいえよう。
最盛期には7編成が運用につき、300系→700系とほぼ1時間おきに東京~博多間を往来していた。

鉄道ファンや子供達、そして旅行客には人気を博していた一方、東海道新幹線区間の圧倒的多数の利用者であるビジネスマンからは微妙な評価をされていた(ドアが少ないことやロングノーズ・円筒形車体が原因となる車内空間の狭さ(あくまで比較的に)が主要因)。
また、乗り入れ先のJR東海でも定員(ただし設計時に可能な限り東海側の当時の主力たる300系に合わせてはいる)やドア数など車内設備の違いのため使いづらいことがあったようである。

退役へ

上記のような事情と2007年に投入開始となったN700系の大量増備に伴う置き換えから徐々に運用を減らし、2010年2月末をもって惜しまれつつも「のぞみ」から撤退し、同時に東海道新幹線からも姿を消した。
そして東海道区間に直通しなくなったことにより輸送力過剰となるため16両編成は半分の8両に削減、翼形パンタグラフも普通のシングルアームパンタグラフに付け替えられ最高速度は300km/hから700系と同等の285km/hに引き下げられてしまう等のダウングレードに甘んじることとなった。
今は山陽区間内の各駅停車の「こだま」運用で余生を過ごす人気スターを今でも愛して止まないファン達が全盛期を偲んで付けるのが本タグである。

豆知識・エピソード
東京~博多間直通の「のぞみ」は運行開始以来約5時間程度で全区間を走破しているが、その最速は4時間49分。これは500系のぞみ登場時の記録であり、東海道区間を5分早く走れる新型のN700系が全盛と成った後もその記録は破られていなかった(走行能力向上は主として品川駅・新横浜駅全列車停車や山陽区間での停車駅増加分と余裕確保等へ振り向けられている)事から、500系のぞみこそ最速だとの声も多かった。
所が2015年の改正時に東海道区間での最高速度が285km/hに引き上げられ所要時間が最大3分短縮された事で遂にその最速記録が破られてしまった・・・
そして2017年改正では山陽新幹線ATC改良に伴い更に短縮し、東京~博多間4時間46分と成った。
だが、山陽新幹線区間の速度種別においては、500系がU49(算出349km/h)であるのに対しN700系はU43(算出343km/h)であり、日本最速の営業運転用車両の座を譲ってはいない。
やはり500系は最強の超特急なのである。

関連タグ

500系 新幹線 のぞみ JR西日本 山陽新幹線

勇者王ガオガイガー (ライナーガオーの由来となった)
JRX(上半身が500系型ロボ、下半身がE4系型で、ジョイント兼背部ユニットが700系レールスター型の合体ロボ)

PSO2:ボスエネミーの一種で鉄道車両をモチーフとした「トレインギドラン」のベース車両が500系をベースにした仮想車両900系になっている。また、一部の攻撃時に使用する車両の中にN700系をベースにしたと思われる別の仮想車両が含まれる。

pixivに投稿された作品 pixivで「500系のぞみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4570

コメント