ピクシブ百科事典

ケルベロス_地獄の番犬

けるべろすじごくのばんけん

日本の実写映画。原作・脚本・監督は押井守。後に「ケルベロス・サーガ」と呼ばれる作品シリーズの一つ。
目次[非表示]

あんたの主人は誰なんだ!?

作品解説

1991年に公開された押井守監督による実写映画。

ただし、本来はアンダーバーなど無く単純に「ケルベロス地獄の番犬」であるむしろこちらが正しい
台湾香港日本にまたがり長期ロケを敢行した異色のロードムービーで、クライマックスの銃撃戦シーンでは香港の銃器メーカーの協力により、日本では不可能な実銃を使った撮影が行われた。

紅い眼鏡』の続編にあたるが、物語は前作の冒頭部の都々目の国外脱出から、帰国するまでの中間に当たる前日譚的な内容となっており、前作の段階では設定が固まっていなかったこともあり、一部の設定や時系列に相違が見られる。
低予算であった前作から大幅にスケールアップしており、前作では3体しか製作されなかったプロテクトギアは、本作では2000万円の予算をかけてケルベロスの頭部の数にちなみ50体が造られた。しかしいつものように実際にアクションで活躍しているのは極わずかである。

和洋中様々な様式の建築が軒を連ね、田畑や都市が混在する90年台初頭の台湾の町並みと異国情緒溢れる風景に川井憲次の美しいギターの音色が重ねられた本編は、奇妙な美しさと同時にこれまでの押井作品のおいて抜群なまでにダレ場に満ちあふれている。
この映画で得られた海外ロケのノウハウは後に『アヴァロン』等において活かされることになる。

あらすじ

ケルベロスの通り名で犯罪者たちを震え上がらせた首都警特機隊による反乱事件、通称『ケルベロス騒乱』から3年後…。

騒乱に参加した隊員・乾は出所後、かつて兄同然に慕っていた都々目紅一が何故、彼の目の前で国外へと逃亡したのか、その真意を問いただすべく台湾の地へと渡る。
白服の男の手引で紅一の愛人を名乗る少女・タンミーと出会い、彼女と共に紅一を追う旅に出た乾はあてどない彷徨の果てに、現地で漁師に身を窶していた紅一と再会を果たす。だが、紅一に真意を問うことが出来なかった乾は彼とタンミーと共に三人で奇妙ながら穏やかな共同生活を始める。

しかしそんな彼らを追って公安部の放った刺客達が迫りつつあった…。

関連タグ

MG42 モーゼルC96 ノリンコ86S

pixivに投稿された作品 pixivで「ケルベロス_地獄の番犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 674

コメント