ピクシブ百科事典

ケロドロ

けろどろ

「ケロロ軍曹」に登場するケロロ×ドロロの腐向けカップリング。
目次[非表示]

概要

ケロロ軍曹」に登場するケロロ軍曹×ドロロ兵長腐向けカップリング
ドロロが地球に来て改名するまでは「ゼロロ」という名前だったため、それまでのカップリング名は「ケロゼロ」となる。ただしpixivのタグとしてはそのまま「ケロドロ」が使われることが多い。

呼称

ケロロからドロロ
ドロロ(兵長・君・様) ゼロロ(君・さん) ドロ沼(君・さん) ドロ団子君 ドロ船君 ドロロきゅん ドロたん(238話B) ドロぴー(238話B) ドロてぃー(238話B) ドロロたん(351話B) (農家の)おじさん(135話B) ドロロン忍者君(238話B) トランクス君(224話)
ドロロからケロロ
隊長殿 ケロロ君 ケロロ元隊長(初登場のみ) ケロっぴ(91話A) ミスターキャプテン(238話B) マーベラス・サージェント・ケロロ(238話B)


関係

幼少期から一緒に遊んでいた幼馴染。体が弱く転校生でもあったドロロ(ゼロロ)にとって、ケロロは初めての友達であった。

だがケロロはゼロロに対していじめとも取れる言動がしばしば見られ、ドロロは当時のことに関して多くのトラウマを抱えている(詳細はドロロの個別記事を参照)。しかしその過酷な遊びによって鍛えられた結果、ドロロはアサシンのトップに上り詰めた。
元々ドロロがアサシンになったのは、ケロロの「お前絶対アサシンになれるって!」という言葉がきっかけで、ケロロは良くも悪くもドロロの人生を変えている。

現在ケロロは侵略者・ドロロは平和主義者という微妙な関係にあるため、再会した時にはドロロの判断で絶縁してしまったが、お互いへの強い友情と仲間の協力によって再び小隊に集結した。そのため平和的だと判断した作戦にはドロロも参加している。

ドラマCDの「宇宙でもっともギリギリなCD 第4巻」では、ラスト数分に二人のほのぼのとした友情パートが展開されている。脚本を手掛けているのは原作者。

アニメ版での絡み

主にドロロの影の薄さ・トラウマ等が強調されており、その度に「ひどいよケロロくぅ~ん!」と泣き出すのがお約束。
その一方で、二人の友情を強く感じさせるアニメオリジナル回(後述)も存在する。

主なエピソード(ネタバレ注意)

  • 13話

原作エピソードのアニメ化。ドロロ初登場回。幼少期の回想シーンもあり。
ケロロから与えられた過酷な遊びによりドロロがアサシントップになったことがここで明らかになっている。
侵略者であるケロロ達を敵とみなして絶縁状態となってしまったが、ドロロが敵に捕まったことをきっかけに再び友情が芽生える話。

  • 14話
原作エピソードのアニメ化。「町中を花だらけにする」というドロロが提案した作戦を決行する。
ドロロが現れた時には大喜びで飛びつき、「ドロロ…!来てくれたでありますか~!隊長、とっても嬉しいであります!」と言って抱きしめている。ドロロも嬉しそうに頬を染めていた。
この話で更に友情が深まり、「俺たち仲間っつか、友達だよな!」という台詞も飛び出す。

  • 57話Aパート
自分たちを助けに行くドロロを見て泣きながら喜ぶケロロ。また、連鎖してトラウマスイッチが入った。ドロロが勝利した際には、「ドロロ…!」「ケロロくぅん…!」と愛しげに互いの名前を呼んでいる。

  • 64話Bパート
トラウマモードから抜け出せなくなってしまったドロロ。勿論その原因はケロロにあるのだが、本人は「うっとうしくておちおちガンプラも作れない」と逆ギレしていた。
しかしこのまま元に戻らない可能性があると判明し、ドロロの中に入って直接記憶を書きかえる決意する。

そして、中にはケロロにとってのトラウマである記憶が混ざっていた。
トラウマスイッチが入ってしまったケロロは「ゼロロ君ごめんよ…!君の大切にしていた玩具に、僕の名前を書いちゃったんだ…!それなのに…それなのに君は…」と罪悪感に襲われていた。

  • 67話Bパート
部下に職場放棄をされて拗ねているケロロの元にドロロが現れて、優しく諭している。その言葉に心を動かされたケロロは、もう一度部下に協力してもらおうと決意する。(ただし、ドロロは忘れられていた)

  • 91話Aパート
真面目な性格といい加減な性格を取り換える銃により性格を変えられてしまった二人。

すっかり立場が逆転してしまい、「真面目にやるなんてバカバカしいじゃん?楽しくやろうよケロっぴ」「僕はそういういい加減な考え方が一番キライなんだ!」「そのいい加減なヤツが結局横から美味しとこぜーんぶ持ってっちゃうんじゃん?」などと言い争いをしていた。

  • 132話Aパート
原作エピソードのアニメ化。ケロロの「お前絶対アサシンになれるって!」という一言でアサシンを目指したことがこの話で明らかになっている。

  • 134話Aパート
唯一ケロロの異変に気付き、声を掛けるドロロ。

  • 135話Bパート
珍しくドロロの家でご飯をご馳走になっている。ケロロの茶碗に米粒が残っていることを指摘するが、「え~面倒くさいであります」と断られてしまう。そこで1粒のご飯の大切さを理解してもらうため、ある人物に協力をお願いする。

そして特殊な光線銃により自分が米粒になる夢を見たケロロ。ドロロは「農家のおじさん」という役で登場し、例え台風の日であろうと体を張ってケロロを守っていた。そんなドロロに惚れ込んでいるケロロの姿が微笑ましいエピソード。

  • 155話Bパート
「たまには良いこと言うじゃんドロロ~」と褒められ、「いやっ…ホントに…?」と嬉しそうに頬を染めている。

  • 161話
ケロロのピンチに駆けつけるドロロ。「カッコいい~♡♡ドロロくぅ~ん♡」という字幕付きで歓声を上げている。

  • 162話
ちびケロ回。ケロロがゼロロを押し倒して馬乗りになっている。

  • 175話Aパート
原作エピソードのアニメ化。他の人物も居ながら「ケロロくぅ~ん!」と名指しで助けを求めている。その後気絶したドロロをケロロがおんぶしていた。

  • 197話Aパート
ちびケロ回。ケロロの仕業により増殖してしまったゼロロ。「ゼロロ案外アサシンの素質あるかもよ?」と、ここでもアサシンになることを勧めている。
「このままじゃケロン星全体がゼロロだらけになっちゃうぞ!」と警告されると、ケロロは大量のゼロロが「ケロロくぅ~ん」と泣いている姿を想像して、「それ、ちょっとヤだなぁ…」と照れくさそうにしていた。

  • 206話Bパート
積極的に侵略活動に参加しないことを気にかけ、二人きりでドロロの家に訪れる。その後ドロロが提案した作戦は仲間に猛反対されるものの、ケロロが「せっかくドロロがやる気を出している」とフォローする場面が見られた。

  • 238話Aパート
小隊がクイズ大会に参加する。赤か青のパネルを選ぶという流れで、「赤だ!男だったら赤に突っ込め!」と仲間に指示をされるが、二人は「え~?ここはブルーなんじゃね?」「拙者もそう思うでござる」と話し合い、見事正解である青のパネルを選んだ。(青はドロロのイメージカラーでもある)

その後、落とし穴の場面でケロロがドロロにしがみついて、自分だけ這い上がっていた。

  • 238話Bパート
特殊なリングにより性格を正反対に変えられてしまったドロロ。おおらかな性格になったのを良いことに、「ドロてぃー」「ドロぴー」「ドロたん」と呼びながら甘えまくっていた。ドロロも「マーベラス・サージェント・ケロロ」と呼んで慕っていた。

  • 260話Bパート
ケロ0回。未遂に終わったが、「ゼロロも食べる?」と言ってあーんをしようとしている。

  • 284話
ファン必見。小隊が仲間と侵略を巡ってすれ違うシリアスなエピソードで、どちらにとっても大切な仲間であることを再認識できる。

上官の命令で除隊を命じられたドロロ(この時ドロロが居ないのは、ケロロが気を遣って召集しなかったから)。ケロロは「仲間を見捨てることなんて出来ないであります!」と反対するが聞き入れてもらえず、仕方なくドロロに「長期休暇」と嘘をついた。
しかしその嘘がパートナーを通じてバレてしまう。ドロロは泣きながら「また皆で黙って何処かに行こうとしてるの!?」と問い詰めるが、思わず後ずさりをしたケロロがうっかり侵略装置の設計図を開いてしまい、事態は更に悪化。
ドロロは「よからぬ行いには必ず天罰が下るもの」と判断し、「これが…今生の別れ」と残して小隊のもとから去る。

しかし内心は寂しかったようで、小隊全員で出かけたと嘘をついた際には必ず「隊長殿が~」と付け加えたり、「隊長殿…」と想いを馳せる場面も。
一方ケロロ達は、マグマの噴火に巻き込まれるという危険な状況に。それを知ったドロロは仲間と信念の間で揺れ動く。そしてパートナーの説得もあり、ケロロ達を助けることを決意した。

何とか事態は丸く収まると、「ドロロ、言っとくけどあれだからね。別にドロロのためじゃないでありますよ?」とわざとらしく伝える。ドロロは「にんにん」と微笑む。

  • 295話Aパート
「ケロドロフォーム」という合体が見られる。ケロロの声でドロロの台詞を、ドロロの声でケロロの台詞を聞くことが出来るエピソード。

  • 311話
次回予告
「ドロロ兵長でござる。アサシンの過去を捨てて、なお未だケロロ小隊に関わるのは、万が一にもペコポン侵略が成功せぬよう、見張っているのでござる」
「ホントは一人が寂しいクセに!」

  • 317話Aパート
ドロロが唯一ケロロの異変に気付き、その正体が敵の変装だと見破った。

次回予告
「ゼロロです!体が弱くて友達もいない僕。でもケロロ君はとっても仲良くしてくれるんだよ!大切な友達なんだ!」
「誠に拙者は、疑うことを知らぬ子供でござった…ねぇ?ケロロくぅ~ん!」

  • 318話Aパート
ケロロが部下を巻き込んでドロロの口を見ようとする話。二人きりでドロロの家に訪れ、限定販売のいきなり団子を若干強引に食べさせる場面も。

  • 336話Aパート
ファン必見。原作エピソードのアニメ化。二人がどのように出会ったのかが回想シーンにより明らかになっている。

水行をするためしばらく留守にすることになったドロロ。「隊長殿に不穏な動きがあらば、このお守りで拙者を呼ぶでござる」とわざわざ発信機まで置いて行った。

その後ゾルルが再びドロロを狙って小隊の元へ現れる。「確かヤツの狙いは…ドロロであります!ドロロが危なーい!」と叫び、助けに行こうとする。そして「アサシンゾーン」へ迷いなく飛び込んだ。
お互いの姿を発見して声を掛けるが、隙を見たゾルルに攻撃をされて気絶してしまう。
すると、ドロロのピンチがきっかけとなりケロロのある能力が発動する。

その前後で回想シーンが挿まれる。転校したばかりで一人ぼっちだったゼロロに、ケロロから声をかけて友達になったことが明かされる。

基地へ戻る最中に「すまぬでござる、隊長殿」「いやぁ、我輩何も…」と言葉を交わしていた。

  • 347話Bパート
なんとエピソードの最後で、ケロロの玩具が元々ドロロの物であったことが判明。幼少期にゼロロの玩具を壊したケロロが「この玩具貸してくんない?」と言ったまま返していなかったそうだ。
メラメラと怒りをあらわにしたドロロは、「ケロロ君にはたーっぷり反省してもらうからね…?」と言って、自分とケロロを強力接着剤でくっつけてそのまま一晩を過ごした。

「もう反省したから許してぇ~」「まだまだ…夜は長いでござるよ」と意味深なやりとりを残した。

  • 1stシーズンED(3代目)
絵描き歌。ドロロのパートがほとんどケロロ絡みである。「僕たちホントに友達だよね」というフレーズもここから発生している。

  • 2ndシーズンED(2代目)
ドロロがメインのエンディング。ドロロが開始3秒で「ケロロ軍曹!!!」と叫び、ケロロに驚かれた。ケロロがドロロを必死で追いかけまわす謎のシーンや、渾身の「ケロロくぅ~ん!」を聞くことも出来る。
また、歌詞が二人の友情を表しているようにも見える。

  • 挿入歌「クリスマス・ケロル」
ドロロのソロパートに「「あの頃」さえ遠い昔…ずっと友だちだよ」という歌詞がある。

  • 劇場版1作目
特殊なバツ印によりテレパシーを送れるようになったケロロ達。その様子をこっそり見つめるドロロは、「ケロロ君…僕にもそのバッテンを付けて!…って、その一言がいつも言い出せないんだ…」と呟く。

  • 劇場版3作目
ケロロが慌ててドロロの口を塞いでいる。そのシーンが微妙に長く、少し微笑ましい光景。

  • 劇場版5作目
敵に能力を吸収されてフヌケになってしまったドロロ。その姿を見たケロロは「何かドロロはいつもと変わらないような…」と言いつつも、「か、可愛いよ…」と感想を漏らしていた。

関連イラスト

光をつかむその先に<ケロドロ>
けろけろどろどろ~


〔腐〕ケロロフルカラー4コマ⑤「その気持ち知ってか知らずか。」
けろどろ



関連タグ

ケロロ軍曹 ケロロ ドロロ兵長 ゼロロ
おたま馴染み ちびケロ 幼馴染
カップリング BL 腐向け 人外

pixivに投稿された作品 pixivで「ケロドロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105157

コメント