ピクシブ百科事典

ゲオルグ・カーマイン

げおるぐかーまいん

ゲオルグ・カーマインとは、ライトノベル作品『現実主義勇者の王国再建記』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

フルネームゲオルグ・カーマインカゲトラ
肩書エルフリーデン王国陸軍総大将→フリードニア王国諜報部隊「黒猫」隊長
異名獅子将軍パルナムの黒虎
出身エルフリーデン王国
生年月日大陸暦1496年(大陸暦1546年時点で50歳の為)
種族獅子の獣人族
性別男性
初登場話文庫1巻 エピローグ
CV楠大典



概要

ゲオルグ・カーマイン

  • 文庫1巻~3巻、文庫12巻


「若き芽吹きとエルフリーデンに栄光あれ!」

エルフリーデン王国の陸軍を預かる三公の1人。
前王アルベルトとは彼が一貴族であったときからの友人であり、
他種族差別のないエルフリーデンの国風を愛していることもあって忠誠心は非常に強い。
リーシアのことも娘のようにかわいがっており、リーシアもとても慕っていた。
しかしアルベルトがソーマに王位を譲渡してからは、ソーマが追放した不正貴族を匿うなど敵対姿勢を明確にする。不正貴族はソーマが関係を切った傭兵を雇い入れており、内乱を起こしたが、ソーマと空軍が来たら、あっさり降伏した(詳細は経歴にて)。
1週間戦争後、反逆罪で牢獄に投獄された。反逆の真意はあったものの、様々な事情から公表するわけにいかず、処刑されることになっていた。
国に殉じようとした彼を公開処刑するのを嫌がったソーマから毒酒を勧められ、自害したはずだが..。

死亡したゲオルグは、忠義に厚い武将だったが老いて増長した反逆者というレッテルを貼られていた。しかし、武術大会で優勝した娘・ミオの願いでゲオルグ・カーマインの反乱に対する再調査を公表(ミオからの同意も得て一部脚色した上で)したことで、敵も味方も欺いてみせた報国の士となり、名声は回復した。

カゲトラ

  • 文庫3巻~



以下、ネタバレ


『パルナムには黒い虎がいて、出会ったが最後、その密偵は二度と戻らない』


地の文で明言だけは避けられているが、まず間違いない描写でソーマが新設した直属特殊諜報部隊『黒猫』の首領、カゲトラとして再登場。地の文でもゲオルグ自身だという明言こそしていないが、彼をよく知るリーシア、アルベルト、エクセルからはゲオルグとして認識されており、かなりわざとらしい表現もされているためほぼ確定。
その実力をいかんなく発揮しており、黒猫は要所要所でエルフリーデン王国ひいてはアミドニアを併合したフリードニア王国の力となり、個人としても長超遠距離からの狙撃を動じることなくあっさり切り落とすなど、武勇も発揮している。



対人関係

カーマイン家

ミオ・カーマイン
娘。

カーマイン夫人
名称不明。

ギャツビー・コルベール
ミオの夫。武官に怯まずに自分の意思を突きつける文官として一目置いていた。

エルフリーデン王家

アルベルト・エルフリーデン
第13代エルフリーデン国王で親友。

エリシャ・エルフリーデン
元エルフリーデン王国王妃。

リーシア・エルフリーデン
フリードニア王国第一正妃。

ソーマ・カズヤ
フリードニア王国国王。

三公

エクセル・ウォルター
フリードニア王国国防軍総大将。

カストール・バルガス
フリードニア王国国防海軍島型空母ヒリュウ艦長。

経歴・過去

過去

  • 文庫10巻番外編

幼少期はかなりのヤンチャな悪ガキで、父の大事なツボを割ったりなど典型的なガキ大将であった。ゲオルグだけが悪いだけでないこともあったので、その時はアルベルトが助けていた。
妻と会ったときは、口下手で女性の扱いが分からず怖い顔になっていたが、アルベルトが仲を取り持ったので恩に感じていた。
先々代エルフリーデン国王時代、攻城戦も籠城戦もこなせる名将で、殿を担った撤退戦では敗戦でありながら敵将の首を挙げたりと、若い頃から戦士として優れていた。
先々代エルフリーデン国王死亡後、アルベルトに父である先代のカーマイン公に会わせて欲しいこと、そしてエリシャの保護を頼まれていた。
しかし、エクセルの主導で三公が王位継承の争乱に関わらないようにする為(保護すると介入と捉えられないので)、断った。その代わり、カーマイン家を継いだ時はアルベルトの為に最大限の協力をすると誓う。
エリシャがアルベルトと暮らしてからは危害を加えないように、アルベルトとの友誼を喧伝した。
王位継承の争乱でエリシャ以外の王族が全滅した頃、カーマイン公を継ぐ。

  • 文庫12巻
  • 大陸暦1545年6月
ミオ、ベオウルフと共にアミドニア公国軍との小競り合いを収める。その交渉時にアミドニア公子のユリウス、アミドニア公国財務官で後のミオの夫となるコルベールと出会う。
ゲオルグ自身も領地経営は苦手だったが妻の力を借りて慣れていったが、領地経営が苦手なミオを見て、コルベールのような気骨ある文官が婿に来て欲しいと語った。

現実主義勇者の王国再建記

1週間戦争

  • 文庫1巻~3巻
  • 大陸暦1546年、50歳

ゲオルグ自身はソーマを『異世界人ゆえに伝統などをたやすく切り捨てる』として敵対姿勢を明確にしており、加えて不正貴族に対しても使いつぶす姿勢を見せ、同じ三公の一人であるエクセル・ウォルターからは野心に取りつかれた可能性を懸念されていたが……。



真意(ネタバレ注意)




この敵対姿勢の真の目的は




不正貴族の息の根を止めるために行った盛大な茶番劇




アルベルトからソーマに王位を譲った真相を利かされたゲオルグは、ソーマが見落としている不正貴族の横のつながりや隠し資産を危険視。つながりのある貴族たちが不正貴族をかばって国内が荒れることないよう、自分を旗頭に不正貴族を集めさせて反乱を起こし鎮圧され、正真正銘の反逆者として貴族たちがつながりを自発的に切るように仕向けさせることをもくろんだ。

隠し資産に関しても傭兵を集めさせることで散在させ、余計な金で抵抗することが無いように使いつぶさせるという手段を行う。そして適当ぶっこいて集めさせたところをまとめて捕縛し、傭兵を提供した国家に身代金を払わせることで、大半をエルフリーデンの国庫に集めさせるという二段構えの作戦であった。
またそのあとのことも考慮し、部下のグレイヴにそれらの目的の一部を説明し、ついていけなくなって離反した形にしてソーマのもとに送るなど入念すぎる下準備をしており、既に引き返せないタイミングで事情を告げられたソーマはそれほどの逸材を切り捨てなければいけないことに激昂したほど。

しかし、そのソーマは同時タイミングでアミドニアを叩き潰す作戦を練っており、また空軍を司るカストール・バルガス友誼に殉じてゲオルグの側についたため、割と綱渡りな状態になってしまうも、最終的に内乱を鎮圧したその足でアミドニアの首都を制圧し、公王であるガイウス八世を討ち取るなど、最終的に内憂外患の排除を一斉に行うという大成功になる。

その後、一部の部下と共に服毒自殺を敢行。裁判前に死亡するという形になるが―

カゲトラとして

  • 文庫3巻・4巻

ソーマが新設した直属特殊諜報部隊『黒猫』の首領、カゲトラとして再登場する。
ヴァン領民の蜂起の扇動をした。

現実主義勇者の王国改造記

  • 文庫5巻、8巻、9巻
  • 大陸暦1547年、51歳


  • 文庫10巻第5章・最終章
  • 大陸暦1548年、52歳

現実主義勇者の大国建造記

  • 文庫12巻、13巻第3章、14巻第1章・第12章
  • 大陸暦1548年~大陸暦1549年(52歳~53歳)

武術大会で優勝したミオに対して、ソーマの依頼で戦って負けるよう取り計らう。


  • 文庫15巻第3章
  • 大陸暦1550年、54歳


現実主義勇者の帝国建立記

  • 世界解明の章
  • 大陸暦1553年、57歳

ミオの結婚式に参加し、カーマイン夫人と話す。

登場話リスト

大陸暦1495年頃
不明文庫1巻エピローグなしゲオルグ誕生
大陸暦1545年
6月文庫12巻第1章獅子の娘王国と公国との小競り合い
大陸暦1546年
5月文庫1巻エピローグなし
9月中頃~下旬文庫2巻第2章2国の群像
9月下旬~30日文庫2巻第3章最終勧告
9月32日~10月1日文庫2巻第5章ランデル近郊の戦い
9月32日~10月1日文庫2巻第7章李代桃扁
10月文庫3巻第6章獅子の檻の前で
11月上旬文庫3巻第8章罪と罰
10月~11月文庫4巻第2章蝦で鯛を釣ろうとしたら鮫が掛かったアミドニア公国併合
12月31日文庫4巻最終章雪の中で
大陸暦1547年
3月中旬文庫5巻第4章聖女来る
3月上旬~下旬文庫5巻第5章破戒司教ソージ・レスター
10月10日文庫8巻第3章人員配置
10月下旬文庫8巻第12章勝利の宴
10月下旬文庫8巻エピローグフリードニア王国、東へチマ公国へ行く
10月下旬文庫9巻プロローグ空にまみえるフウガと出会う
大陸暦1548年
3月1日文庫10巻第5章黒虎の宅急便
4月1日文庫10巻最終章華燭の典
9月文庫12巻第6章剣を交えて
9月文庫12巻第9章忠臣の墓前にて
大陸暦1549年
1月文庫13巻第3章準備
5月文庫14巻第1章揺れる諸国
11月末文庫14巻第12章出ルナリア記
大陸暦1553年
1月下旬《世界解明の章》第二話『華やかなる宴の陰で(前編)』合同結婚式


関連タグ

現実主義勇者の王国再建記
ゲオルグ・カーマイン TVアニメ現実主義勇者の王国再建記

ライオーガ……中の人&ライオン獣人繋がり。

関連記事

親記事

現実主義勇者の王国再建記の登場キャラクター一覧 げんじつしゅぎゆうしゃのおうこくさいけんきのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

コメント