ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アステカ神話に登場する万物を養い、恵みをもたらす大地の象徴にして最高位の地母神
狩猟神にして火の神ミシュコアトルの妻で、その名は“蛇の淑女”、“蛇のスカートをはく者”という意味を持ち、「炎と肥沃の女神」、「生と死、および再生の女神」、あるいは「南の星の生みの親」などの肩書を持つ。

アステカの太陽神にして守護神であり戦神でもあるウィツィロポチトリや彼の姉であるコヨルシャウキを始め、月の女神であるコヨルシャウキ、南と北の星座であるセンツォンウィツナワックセンツォンミミスコアの母親としても知られており、“聖なる三姉妹”の1柱であるチマルマンの娘ともされ、彼女以外の地母神・シワコアトルテテオインナントシトナンツィンのもう一つの姿であるともみなされていたという。

雨期を司り、農業と植物に関わる女神で、絡みある無数の蛇によって織り上げたスカートと、切り取られた人間の手と心臓が交互に並び真ん中に頭蓋骨がぶら下げられた首飾りを身に付けた鋭い鍵爪が備わった鱗で覆われた頭に見開いた小さく丸い目、4本の巨大な牙と先割れした蛇の舌を持った姿をしており、人間を常食にしているとされる。

慈愛に満ちた“母なる大地”を司る地母神のイメージからは程遠い姿をしているが、その理由は“生命は大地から生まれて生きるが、その生命が尽きて帰る場所もまた大地である”というアステカの世界観からきているものであり、その姿同様に残酷な性質の神なのではなく、ただ単に決して覆すことの出来ない重要な自然の摂理を体現した存在ということだけである。

関連イラスト

蛇の淑女コアトリクエ



関連項目

豊穣の女神 地母神 女神 アステカ神話

関連記事

親記事

アステカ神話 あすてかしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コアトリクエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント