ピクシブ百科事典

トラロック

とらろっく

いくつかの名称による。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アステカ神話で信仰されていた雨の神。→本項で解説。
  2. 『1』が元ネタの『仮面ライダーアマゾンズ』劇中で決行された作戦のコードネーム。⇒トラロック(仮面ライダーアマゾンズ)


概要

アステカ神話の神々の1柱にしてを司る。人々に塩を授ける女神ウィシュトシワトルは彼のに当たる。
また、雨だけではなく、そして干ばつも司っている(その為、豊穣神としての側面も持つ)とされている事から、正確には天候を司る神というのが正しいのかもしれない。また、大地に含まれる水とも関係が有るとされている。

ヌウアルピリとも呼ばれており、山の中の洞窟に住んでいるとされ、眼鏡を掛けているような大きな目玉とトウモロコシの稲穂の形をした口と上唇、そして大きな歯を特徴とした姿をしているとされる。

3番目の太陽を支配しており(アステカ神話によれば太陽は複数あって、現在輝いているのは5番目の太陽とされる)、地上に豊かで快楽に満ちた天国を持っているとされ、様々な理由で命を落とした人々の魂を迎え入れるが、そこへ行くためにはそれ専用の儀式を行わなければならないとされた。

また、東西南北に対応した粘土製の壺を所持しており、東の壺を持てば、そこから恵の雨を降らせるが、北の壺を持てば雹を降らせ、南の壺を持てば干ばつを、西の壺を持った時は疫病を流行らせて人々を苦しめる疫病神としての一面も持っているようだ。

なお、神話によれば花の女神であるショチケツァルと結婚したが、諸事情で後に同じ雨を司る女神・マトラルクエイェ(或いは大地の水を司る・チャルチウィトリクエとも。もっとも彼女は彼の姉妹ともされているが…)と再婚したらしい。

余談

トラロックはあくまでも雨や雹といった天から恵まれた水を司る神であり、のような既に大地に存在している水を司る神は別に存在している。

関連項目

アステカ神話

pixivに投稿された作品 pixivで「トラロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 948

コメント