ピクシブ百科事典

トラソルテオトル

とらそるておとる

トラソルテオトル(Tlazolteotl)はアステカ神話に登場する神。“tlazol”が「不浄、悪徳」、“teotl”が「神」であり、その名は「不浄の女神」の意味である。
目次[非表示]

概要

トラソルテオトルは性欲と肉体的愛、それに伴う不浄と穢れを象徴する豊穣の地母神である。
元々はメキシコ湾沿岸部のワシュテカが起源の女神で、アステカによる同地の征服後にその神体系に組み込まれたとされる。

16世紀頃に作成された絵文書(コデックス)では鼻飾りをつけての周囲が黒く塗られ、二つの木綿の糸巻きを髪飾りにした姿で描かれ、またを持ったり生贄の生皮を着たりしている絵も存在する。
鼻飾りは、木綿の糸巻きは家庭における女性の仕事を意味し、生贄の生皮は子宮からの新たな命の誕生を象徴するとされ、これらはトラソルテオトルの万物を生み育てる地母神としての性格を表すものである。このため、アステカの収穫祭オチュパニストリではトウモロコシの女神チコメコアトルや地母神テテオインナンと共に崇拝されていた。
その一方で、トラソルテオトルは「不浄の女神」の名が意味する様に不浄と穢れ、特に性行為や放蕩に起因する病気や悪徳と結びついた存在であり、転じてそれらを浄化治療する力を持つと考えられていた(草の箒は浄化という役割を表す物)。スペインがメキシコを征服したころに現地へ渡った修道士ディエゴ・ドゥランによると、トラソルテオトルに加護を求める者は女神の像の前で懺悔と瀉血をしたとされ、また懺悔の際には一度の破戒行為につき草を陰茎に突き通す行為が伴ったという。
黒く塗られた口という特徴的なイメージは、トラソルテオトルの別名であるトラエルクアニ(Tlaelquani、排泄物を食べる者)に起因する。トラエルクアニ(トラソルテオトル)は人間からテスカトリポカへの罪業の告白を橋渡しする代理人としての役割があり、黒く塗られた口はその行為の象徴である。また、アステカの主都テノチティトランの一般市民から義務として少女たちが集められていたが、その守護女神としてトラエルクアニが崇拝されていたという。この少女の招集の目的はアステカの戦士たちの狂信・士気の維持であり、彼女たちは定期的に戦士の兵舎に連れて行かれ、最期には人身供犠の儀礼で生贄にされたという。

女神転生シリーズのトラソルテオトル

初出作品は「女神異聞録ペルソナ」。ただし、ペルソナでは“夜魔”種族の悪魔であり、種族の関係かサキュバスの色違いデザインだった。
後の「ソウルハッカーズ」では“女神”種族の中堅悪魔として登場。口元が黒く塗られた青い髪の女性が、アステカの絵文書風の拵えがされた洋式便器から上半身を乗り出すというインパクトのあるデザインで、氷結属性に特化した防御相性と各種状態異常回復スキルを所持していた。

真・女神転生Ⅳ」では『砂漠の東京』で受注できるチャレンジクエスト「唯一の食料」に登場。池袋シェルターに大量のトウモロコシを有するトラソルテオトルを食料調達の依頼を受けた主人公が討伐しに行くというもので、トラソルテオトルは交戦後にトウモロコシの貯蔵場所を告げて消滅する。直後、その場に現れた悪魔が主人公にある事実を語る。トラソルテオルはから人類を滅ぼすために遣わされた存在だったが、一方で己の豊穣の力より生じたトウモロコシを人類に分け与えたいという二律背反に苦しみ、自分が討たれることで食料を人に贈るという選択を取ったのだという。また、トラソルテオトルに力及ばず殺された者の魂は女神の浄化の力を受けており、悪魔は浄化された魂を回収しに来たという。そして砂漠の東京の人々がトウモロコシを運び出すところで、クエストは達成となる。
なお、同クエストで訪れる池袋シェルターは異臭がするというメッセージと共にアイテム『運の香』が発見できる部屋があるなど、はっちゃけた面もある。

関連タグ

アステカ神話 地母神

関連記事

親記事

アステカ神話 あすてかしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トラソルテオトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1948

コメント