ピクシブ百科事典

コヨルシャウキ

こよるしゃうき

アステカ神話の軍神ウィツィロポチトリの誕生譚に登場するコアトリクエの娘である女神。
目次[非表示]

概要

頬にコヨリというをつけていることが名の由来で、耳には年を表す記号の飾り、腰帯の後ろには母であるコアトリクエと同じく髑髏がついている。

父親が不明の妊娠をした母を殺すために400の弟たちと山を登ろうとしたが、生まれ出でた弟のウィツィロポチトリによってシウコアトルで心臓を貫かれ八つ裂きにされて、麓まで転がり落ちたと伝わる。

>お姉ちゃん を やっつけた



なおナワ族のメシカが、伝説の地アストランからメキシコ盆地へ移動したという神話には、ウィツィロポチトリの母として登場している。
旅の指示をしてコアテペクという水鳥カエルが棲む理想郷にたどり着いたが、ウィツロポチトリと400の弟にこの地に落ち着くことを反対され、球戯場で首を刎ねられ心臓を食われてしまった。
さらに水源も止められてしまったため、メシカはメキシコ盆地に住むことになったのだという。

創作などでは女神とされることが多いが、これは19世紀末に活躍したドイツの人類学者エドゥアルト・ゼーラーの説であり、根拠となる遺跡や文書は発見されていない。
同様に銀河の神ともいわれるがこれも根拠は不明である。

1978年にテンプロ・マヨールのウィツロポチトリ神殿跡から、五体バラバラにされた姿が掘られた巨大な円盤状の石版が発見されており、図像学的にはかまどの女神チャンティコとの共通点が見いだせるという。
彼の地では生贄を捧げる際、神話のコヨルシャウキと同じく五体をバラバラにしてその石版に投げつけたと考えられている。

創作での扱い

【百神】コヨルシャウキ


センシティブな作品


関連イラスト

死者の祭
【アステカ神話】月と太陽
【ぴくテカ】コヨルシャウキ
【ぴくテカ】コヨルシャウキ


関連タグ

アステカ神話 女神  月神 生贄 
コアトリクエ ウィツィロポチトリ シウコアトル
かませ犬 女幹部

関連記事

親記事

アステカ神話 あすてかしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コヨルシャウキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント