ピクシブ百科事典

概要

『北斗の拳』の登場人物。


ハイエナのように農地を奪い成り上がった大地主。元はラオウ軍の馬係で、当時のラオウに媚びを売って取り入ろうとするが「下衆なドブネズミ」と一喝され放り捨てられた。拳法の心得は全くない模様。
ラオウ亡き後豊富な食料でゴロツキどもを従え、農地欲しさに集まって来た人々を農奴に陥れ、反抗的な者からは人質を取って酷使してきた。

しかし、ラオウの遺児リュウの育ての親ハクリが病人達の面倒を見ながら開墾した農地を強奪する為にハクリ夫妻を殺したせいでリュウの恨みを買い、さらにリュウの後見人となったケンシロウとの因縁を作ってしまった事が破滅に繋がった。

ハクリ夫妻の仇を討つべくケンシロウと共に農場に乗り込んできたリュウに人質を解放され、ラオウ軍の元将軍バルガをはじめとする農奴達の蜂起により手下達は全滅した。
食事の最中に乗り込んできたケンシロウとリュウをふてぶてしく嘲笑い、あらゆる薬物を投与して作り上げたマイペットを呼び出した。
マイペットをケンシロウにけしかけ、自らはリュウを特製のシェルターに閉じ込めボウガンでいたぶった。更にシェルターで囲った地下通路を指し、その地下通路以外に食料庫に通じる道はなく、反乱を起こした農奴は農地が収穫期に入るあと半年の間に全員飢え死にするであろう事を得意げに語った。

かつてラオウに受けた屈辱を晴らすべくリュウにとどめを刺そうとしたが、マイペットがケンシロウの一撃で吹っ飛ばされその衝撃でシェルターを破壊されてしまった。
戦意を喪失したマイペットに薬物を投与し自らもマイペットの頭部に合体してケンシロウに立ち向かうがあっさり蹴散らされ、リュウを人質にとってケンシロウに降伏を迫るが「殺すなら殺すがいい。ラオウの血を継ぐ子供だ、既に死は覚悟していよう」と全く取り合ってもらえず、拳圧でマイペットの上半身を吹き飛ばされてしまった。

そして目の前の男がかつてラオウを倒した伝説の男ケンシロウと知って驚愕。大慌てで地下の食糧庫に逃げ込み、自分の体重以外の重さに反応するトラップでケンシロウを仕留めようと企んだ。

愛想よく手招きしてトラップの仕掛けられた倉庫の一室にケンシロウを誘い込もうとしたがそんな猿芝居でケンシロウを騙せるはずもなく「ドブネズミに俺の拳は使わぬ」と吐き捨てられた挙句、自分が仕掛けたトラップに逆にはめられてあえなく死亡し、「貴様にはドブネズミらしい死こそふさわしい」と嘲笑された。


関連タグ

北斗の拳 小悪党

関連記事

親記事

北斗の拳 ほくとのけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コウケツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410

コメント