ピクシブ百科事典

コギー

こぎー

秋田禎信のライトノベルシリーズ「魔術士オーフェン」の登場人物の一人。本名コンスタンス・マギー。派遣警察に所属する婦人警察官であり、ある切欠からオーフェンと行動を共にするようになる。曰く「泥棒少年を大声で脅して追い払うくらいしか役に立たない無能」。姉と妹がいる。

人物概要

コンスタンス・マギー

編んでまとめた後ろ髪とブルーのダブルのスーツがトレードマークの『無謀編』ヒロイン。
大陸各地で軽犯罪を重ねるボルカノ・ボルカンを追ってトトカンタへとやってきた。
いわゆる管轄を超えた大陸捜査権を持つエリート警官で、在学時の成績(ペーパーテスト)は非常に優秀。「神童」、「防犯の女神姫」、「親の七光り」などと呼ばれていたという。
しかし現場では、「無能警官」などと揶揄されるほどのドジを重ね、デスクワークに回される、市警察に出向させられる、果てしなく意味の無い作業を命じられるなど、捜査任務から遠ざけられることもしばしば。何度か本部転属のチャンスを得るも、ことごとく逃している。
トトカンタ支部に配属されてからは事あるごとにオーフェンに手伝いを頼み込みに来るものの、自ら足を引っ張ることによる自爆・自滅は当たり前で、まともに任務をやり終えたことは皆無に等しい。オーフェン曰く、「ドジでマヌケが服を着て歩いている」。
マギー三姉妹の次女で、父親は商都アーバンラマの蒸気王フレデリック(故人)である。

オーフェンが『はぐれ旅』に出る半年ほど前に、妹のボニー、執事のキースと共に故郷のアーバンラマへと帰っていった。コギーがトトカンタに駐在していた期間は約半年に渡った。
その後は派遣警察を退職し、姉のドロシーが監督する外大陸開拓計画の警備主任を務める。また、ドロシーが経営する工房の技師エリオット・フェイズと結婚しており、「マギー・フェイズ」に改姓。第一子サイアン・マギー・フェイズをもうけている。
夫と共に開拓団に同行し、原大陸に移住。後にラポワント市に派遣警察隊本部を設立し、司令長官となる。

関連タグ

魔術士オーフェン 無能 ドジっ子

後日談 秋田禎信BOX
あいつがそいつでこいつがそれであいつ以下略) あいつ あいつ・挿絵風

pixivに投稿された作品 pixivで「コギー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159288

コメント