ピクシブ百科事典

ゴミ屋敷とトイプードルと私

ごみやしきとといぷーどるとわたし

池田ユキオによる読み切り漫画作品。電子書籍で配信中。
目次[非表示]

概要

恵まれた容姿に生まれて地味な姉や周囲を見下し、ワガママで贅沢な人生を歩んできた女がSNS中毒となり、最後は「我慢知らず」「苦労知らず」な生き方が仇となって破滅するという因果応報を描いたヒューマン漫画作品。

主人公の明日香と今日子姉妹を始め、トイプードル以外の人間はどこかしら歪みがあり、「登場人物全員クズ」っぷりが特徴である。

のちに明日香の後輩・沙耶が主人公の続編『ゴミ屋敷とトイプードル私 #港区会デビュー』が連載スタートした。

あらすじ

妹の明日香は、見た目が地味な風貌の姉・今日子より容姿に恵まれ、親からもかなり甘やかされ、姉から欲しいものを奪い簡単に手に入るような人生を歩み、それは34歳になった今でも変わらなかったが、やがて、後に訪れる「我慢知らず」「苦労知らず」のツケが返ってくることは知る由もなく、傍若無人にワガママに任せて過ごしていた。
ブランドものの借金400万円を親に泣きついて払ってもらい、ペットのトイプードルの飼育放棄・虐待・SNSの道具として使い、果てには自分に言い寄ってきたクライアントの男性と、金銭目的で一夜を共にするがその翌日、後輩の裏切り行為によって追い詰められ社内で大暴れし、クビになり後がなくなる。親に金を無心しても父の介護で手一杯である上に一銭も出せず、怒りに任せて訴え、やがて姉からもこれまでの所業の報いを叩きつけられ、明日香は父の介護を余儀なくされ、やがて「嘘で固めた美貌」も急激に老け込み、破滅同然の末路を辿った。

登場人物

明日香
主人公。大手広告代理店・電報堂の総務部に勤めるOL。生まれた時から姉の今日子より容姿に恵まれ、昔は読者モデルをしていた。親に依怙贔屓され、姉の欲しいものを奪い取って自分のものにし、男たちに言い寄られて貢物をされ、金がかかるものでも一晩付き合えばチャラにされ、言えばどこにでも連れて行ってくれるという、周囲からちやほやされる日々。OLになってからも贅沢な暮らしがやめられずブランド商品の借金400万円(のうち、300万円)を親に泣きつき払ってもらい、ワガママで育ち悪く、部屋もゴミ屋敷同然、我慢知らずで苦労知らずな自分の思い通りになるような贅沢な人生を歩んできた。現在も会社でキラキラ女子ぶりを発揮し、年下のイケメン社員・徳井からも気にかけられて快楽に浸っていた。しかし、その人生も34歳になった時に運命を決定づけることになる。
自分が「キラキラ」であることを維持すべく、30万円もしたトイプードルのソラを、SNSの注目を集めるための写真を撮るだけの道具にして、虐待・飼育放棄する。ある日後輩の沙耶に高級ランチを奢ろうとした際にクレジットカードが使用制限で使えず恥をかき、キレて親に金を無心するも、母親は夫の介護に追われて拒否される。やむを得ず自分に言い寄ってくる後藤と金銭目的で一夜を共にするも大金は得られなかった上、沙耶にこっそり後藤とのツーショットを撮られてネットに拡散され、社内での居場所を失う。さらに動揺して逃げ込んだトイレにて、明日香を慕っていたはずの沙耶が同僚に明日香の悪口を言っている場に遭遇する。そこで、沙耶が後藤との写真を撮って拡散した事、本当は金がないのがバレていた事、徳井が実は沙耶の彼氏で、2人で明日香を笑っていた事実を知り激怒。徳井を奪おうと色仕掛けをしに向かうが冷たくあしらわれ、その場で大暴れしたため解雇される。住まいも姉に奪われ突き放されるが、結局父親の介護をする事を条件に引き続き実家に住まわせてもらっている。クレジットカードは取り上げられ、着飾る事もできなくなったため見た目以上に老け込み、介護生活に追われる身となった。しかしSNSはやめられない様子で、誰も見なくなっても投稿を続けている。
『#港区会デビュー』では今のところ直接登場していないものの、SNSでポエムを投稿している模様。相変わらず沙耶からは嘲笑われており、「偽キラキラ女子」と酷評されている。

今日子
明日香の姉。妹とは違い地味で、母親から差別されて自分の欲しいものを妹に持っていかれ、人生の辛酸をなめ続けて生きてきた末に地味な男性と結婚して家を出た。後に息子を設ける。後に妹が問題を起こしてどうにもならなくなった際には、これまでの鬱憤を容赦なく妹に叩き付け、さらに夫と肉体関係を持った事を糾弾する。しかし、父親の介護を任せる事を条件に明日香を家に住まわせる事を許した。その後は息子を母親に預け、働きに出ている。

明日香・今日子の母
姉の今日子を卑下・差別し、妹の明日香ばかり可愛がり続けてきた毒親。彼女もその差別教育のやり方が仇となって明日香の借金の肩代わりと金の無心、夫の介護に追われる末路を辿った。

明日香・今日子の父
薄毛が特徴で、妻同様明日香には甘い。物語の途中でくも膜下出血を起こし、介護が必要な身となってしまう。終盤、変わり果てた姿の明日香を明日香だと認識できなかった。

ソラ
明日香が飼っていたトイプードル。明日香にSNSの道具にされた挙句、飼育放棄されて虐待死の一歩手前までいくが、はなれの掃除に入った今日子と母親に発見される。最後は回復し、今日子一家に可愛がられている。

今日子の夫
眼鏡をかけた地味な風貌の男性。妻との間に息子を設けるが、明日香に唆されて彼女と不倫してしまう。

後藤
明日香いわく「取引先(クライアント)のハゲだぬき」。薄毛の気味悪い見た目の中年男性。電報堂に来社するたび、明日香に言い寄っていた。借金の支払いに困った明日香に誘われてラブホで一夜を共にするが、明日香には若くない事を理由にタクシー代しか出さず、さらに他の女子社員に気を遣って今まで明日香をチャン付けで呼んでいた事を告げ、風俗代わりにまた頼むよと馬鹿にした態度で去る。実は電報堂の女子社員たちに手当たり次第言い寄っていた様子。

西村沙耶
明日香の総務部の後輩。24歳。
表面上は明日香を慕っているが、内心では彼女を軽蔑しており、陰でババア呼ばわりする等明日香に劣らず高飛車な女。後藤との写真を撮ってネットに拡散し、明日香を追い詰めた張本人。
『#港区会デビュー』では25歳の主人公となっており、徳井と婚約して周りから祝福され、以前から希望していた営業部へ晴れて異動となる。明日香のSNSを見て未だに笑っていたり、派遣社員の中山を馬鹿にする等、性悪さは健在。ある日先輩の詩織に誘われて港区会のパーティーに足を踏み入れた事で生活が大きく変化していく。金持ちの男性から欲しい物をもらうパパ活を教わり、パパ活を経て憧れのmisakiのようなキラキラ女子になろうと目論む。社長達相手に枕営業をして仕事をもらうという手段で営業成績トップに君臨し優越感に浸るが、港区会を優先して徳井との両家顔合わせの約束をドタキャンし続けた事と、異常にSNSに取り憑かれた沙耶の言動に我慢の限界に達した徳井からついに別れを告げられる。さらに何者かの手によって沙耶の裏アカが作られ、枕営業中の卑猥な写真がばら蒔かれ、誹謗中傷のコメントの嵐にパニックに陥るが、中傷目的で急激に増えたフォロワー数に快楽を覚えるといった異常な面を見せる。後日、枕営業で取った契約が全てキャンセルされてしまい、それに反して中山が地道に営業成績を伸ばしていき、立場が完全に逆転。さらに徳井が中山に告白している所を目撃し、営業成績も彼氏も中山に奪われたと逆恨みし、ついに帰宅中の彼女に危害を加える。

徳井康介
電報堂の売れっ子アートディレクターであるイケメン
電報堂の女子社員たちの憧れの存在。
明日香に気があるそぶりを見せているが、実は沙耶の彼氏であり、それどころか沙耶と同様に34歳でキラキラ女子を演じる明日香を内心見下していた。沙耶の悪口から全てを知った明日香からホテルに誘われるが、これまでの態度を一変させ、キモいと言い放つ。
『#港区会デビュー』では沙耶にプロポーズをするが、度重なる顔合わせ約束のドタキャンに加え、レトルトを徳井のために手作りしたビーフシチューと偽ってSNSに挙げる沙耶についに怒りが爆発、別れを告げた。
沙耶と別れた後は中山と良い雰囲気になり、中山に告白する。

林田詩織
『#港区会デビュー』から登場。電報堂営業部の通称・女ボス。
華やかな見た目で仕事もできるバリバリのキャリアウーマンで、沙耶からは羨望の眼差しで見られている。
沙耶を港区会のパーティーに誘い出し、パパ活を教えた張本人。

中山泉
『#港区会デビュー』から登場。
沙耶と同時期に営業部に配属された派遣社員の女性。
沙耶からは「地味で野暮ったい」と馬鹿にされており、派遣という事で見下されている。しかし営業成績は優秀なため沙耶から嫉妬される対象となる。
港区会のパーティー漬けの沙耶から残業を押し付けられているが、のちに沙耶が中山に嘘をついて残業を押し付けた事が上司にバレて叱責された一件で徳井と知り合う。その後徳井から告白されるが、偶然その光景を沙耶に目撃されており、仕事も彼氏も横取りされたと逆恨みした沙耶の手によって帰宅中に階段から突き落とされてしまう。

misaki
『#港区会デビュー』から登場。
沙耶が憧れている超人気のフォトスタグラマー。
顔は出しておらず、正体は謎に包まれている。
大企業に勤めるバリキャリでセレブな生活をSNSに投稿しており、沙耶いわく「ホンモノのキラキラ女子。あの女(明日香)と違って」との事。





関連タグ

池田ユキオ
漫画 バッドエンド 悪女 因果応報

闇金ウシジマくん

コメント