ピクシブ百科事典

湊クリスティーン

みなとくりすてぃーん

湊クリスティーンとは、ゲゲゲの鬼太郎(第6期)のゲストキャラクターである。
目次[非表示]

CV:嶋村侑

概要

第67話「SNS中毒VS縄文人」に登場。通称「クリス」。
フェイスバックインステでフォロワー数100万を超える女子大生読者モデル

高級レストランや高層マンションでのパーティーと言った、優雅な私生活の様子をアップした写真を投稿しており、女子中高生の憧れの的となっているが、猫娘からは「自慢してるようにしか見えない」として苦手意識を持たれている。

因みにクリスティーンはペンネームであり、本名「久美子」。ハーフでも何でもない純日本人である。

人物像

表向きは明朗快活な人物だが、実際は承認欲求と自己顕示欲の塊とも言える目立ちたがりで自己中心的な性格の持ち主。
「周りに「いいね」されなければ自分には価値が無い」とすら言い切るレベルでSNSにのめり込んでいる。

自分が目立つためならば手段を選ばず、友人を出し抜いたり、題材を偽造するのは当たり前、酷い場合には法やルール違反、逆恨みから対抗馬への暴行や殺人すらも厭わない。

また、事が思うように運ばないと露骨に苛立って無関係な相手にも罵声を浴びせるような自分勝手さも持つ。

そんな性格故に友人達からも内心見下され、鬱陶しがられていた(それでも後述の暴走初期には諌め忠告するなど、久美子の性格を考えれば友人関係には恵まれていた模様)。
因みにこのような性格が形成された背景は不明だが、本人曰く「小さい頃から『可愛いね』と言われ続けてきた」らしく、相当甘やかされて育ってきた模様。

劇中での行動

普段の様にインステでの投稿を楽しんでいた彼女だが、ある日ねずみ男に見つけられた縄文人がそこに参加。
当初は「どうせすぐ飽きられる」と高を括っていたが、そんな自身の予想に反して(ねずみ男に自身の写真をパクられたこともあって)縄文人は注目度を急速に上げていく。

これに危機感を覚えると、自身の貯金を全てつぎ込んで高級車を購入し、「ファンからのプレゼント」とするが、これまたパクられ、「ファンからプレゼントされた」という本物の馬を乗った縄文人に敗北。
これに腹を立てて鬼太郎に縄文人を退治するよう依頼するも、本心を明かせるわけもなく、「何も迷惑かけていないなら放っておけばいい」と論破され失敗。

そして縄文人は注目度ランキングで遂には自身を抜き去った。
これに自棄を起こし、「無視されるくらいなら炎上」として「遊園地の乗ってはいけない箱に乗る」「水撒き禁止の場所で水を撒く」というルール違反を繰り返す(そのせいで箱が撤去されたり、足を滑らせて怪我人が出た模様)が、ニュースで取り上げられるたことで、投稿を自粛。
しかもこれを境に友人達からも見放されて孤立無援に。しかも注目度ランキングも底辺にまで引きずり下ろされてしまった。

これに激怒すると縄文人を逆恨みして憎悪を燃やし、彼も招待されている上位ランカー専用のパーティー会場に不法侵入。そして、縄文人が持っていた棍棒で縄文人を突き飛ばし、転落死させようとしてしまう。

しかし、一反木綿によって縄文人は助け出され、駆け付けた鬼太郎と対峙。
彼の説得も耳貸さず、やむを得ず自身を取り押さえようとした鬼太郎に対しては今までに買い集めたブランド品を武器に互角に渡り合った。

そして今度は割れたビール瓶を手に縄文人に襲い掛かるが、駆け付けた警官隊に逮捕された。
...がその様子すらもアップし、過去最高の100万いいねを獲得。

最後はそれを縄文人に自慢しながら連行されていった。

余談

現実に注目を集めるために投稿者のモラル低下は大きな問題となっており、インスタ映えのために購入して写真を撮れば即捨てるごみ問題から、問題行為や違法行為に手を出す(バカッターインスタ蝿など)者も決して少なくない。
また、今回の話においてねずみ男は彼女の真似をしたが、参考にした程度で現実に有名な投稿者は真似されていくのはこの手の常であり、咎められるものではない。
更に世には自分の趣味と割り切ったり読者を楽しませるために違法に手を染める事なく工夫や苦心する健全な投稿者もおり、彼女のような悪質な投稿者がそう言った人々に誤ったレッテルや読者離れを引き起こす二次災害もあり得る。


関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 6期鬼太郎

関連記事

親記事

6期鬼太郎 ろっききたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「湊クリスティーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2294

コメント