ピクシブ百科事典

ビンボーイサム

びんぼーいさむ

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6シリーズ)の登場人物。

CV:沼田祐介


アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(6期鬼太郎)の第40話「終極の譚歌 さら小僧」で登場したゲストキャラ。なお、サブタイトルの「終極」とは事の最後、「譚歌」とは物語詩(バラード)のことで、物語の行く末を暗示するものとなっている。

第40話のあらすじについてはこちらを参照。


概要

売れないお笑い芸人(漫談家)で妻子持ち。
12年前には「ビンボーイサムの貧乏漫談」がウケてブームとなり、コンテスト番組「お笑いグランプリ」で準優勝するという輝かしい経歴を持つが、後が続かず一発屋と成り果てていた。

第40話は自らもお笑いユニットを組む「伊達さん」がシナリオを担当。そのためビンボーイサムの心情や、作中で描かれる待遇の変遷がやたらにリアルである。

芸を見にではなく、椅子に座りに来ているだけの観客しか入らない寂れた寄席。楽屋では火鉢で餅を焼き、暖房をかねての食事をとりながら仲間と愚痴をこぼしあう毎日。
それが、妖怪さら小僧から盗んだフレーズがあたった途端に一変する。仕事場はテレビ局へ、食事は豪華な幕の内やお洒落な専門店のカレーセットへ。プロデューサーは猫なで声で擦り寄ってくる。さらに「お笑いグランプリ」の決勝進出も決定し、かつて果たせなかった優勝の夢を燃え立たせる。

何度命がないと警告されても、すでにその全てを手放せなくなってしまったイサムは、最後の最後に、ステージの上で「ネタがウケないこと」への恐怖に追い詰められてしまう。

その選択ゆえに導かれた結末に対し、放映当日のtwitterはもちろん、ピクシブでも彼を取り上げた作品には、コメント欄に様々な意見が寄せられることになった。


関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 6期鬼太郎 さら小僧
著作権侵害 不幸 因果応報 自業自得 バッドエンド

房野きらら…第15話のヒロイン。コンプレックスから逃れ、望み通りの人生を生きるために妖怪の力を利用し、最後には周囲の説得を振り切って自らの運命を選択する。シチュエーションはビンボーイサムと似ているが、全く異なる結末を迎えた。第40話放送後、ファンの間ではきららとイサムの何が違ったかについて、考察が行われた。

関連記事

親記事

6期鬼太郎 ろっききたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビンボーイサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6553

コメント