ピクシブ百科事典

コケカキイキイ

こけかきいきい

それは生への執着。
目次[非表示]

概要

水木しげる漫画あるいはそれに登場する何かである。

 元々昭和初期辺りの紙芝居で、堅い、当たる、と呼ばれた伝説の鉄板ネタ。

 但し、「タイトルが「コケカキイキイ」」「怪奇もの」であると言われるのみで、実際にどういう作品かは1940年代の段階で不明であったらしい。そのために、おびただしい「コケカキイキイ」というタイトルの怪奇もの紙芝居があったらしい。

 その紙芝居業界で働いていた水木が、1970年「週刊漫画サンデー」でそのタイトルの漫画を掲載した。このコケカキイキイは水木が追い求めたライフワークである「千年王国もの」ともみられるが、ただ「人間の文明がを駆逐される」というきわめて絶望的な終焉でくくられる。

なお1933年から1935年頃に人気を博した、伊藤正美の紙芝居『墓場奇太郎(ハカバキタロー)』から、ヒントを得、怪童が活躍する紙芝居『コケカキイキイ』が作られ関西地方で公開されている。その作品は現物がほとんど確認できない幻の紙芝居だったが、2008年京都国際マンガミュージアムで開催された「紙芝居百年展」に出展された。


あらすじ

死期の迫った老婆、捨てられた赤子、公害で弱った老猫、その猫に取り付くシラミ。これら四生物がある宗教施設で同時に死を迎えるとき「コケカキイキイ」が誕生した。
「コケカキイキイ」は、庶民を救済するため東京へ向かい始め、人間たちやそうでない者たちとかかわり合っていった。

関連イラスト

コケカキイキイ

pixivに投稿された作品 pixivで「コケカキイキイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6870

コメント