ピクシブ百科事典

概要

アイヌ民族に伝わる神々の一柱。
タンチョウヅルを体現するで、その名は“湿地にいる神”という意味とされる。

そのいわれは昔手負いのが湿原に逃げ込んで斃れた時にが巻き添えになって首が下敷になり、死の間際にその苦しさの余りに悲鳴を上げた所、その声を聞きつけた人々が集まって熊を発見したので、熊の居場所を知らせてくれる神として祀られるようになったといわれている。

関連タグ

タンチョウヅル  アイヌ神話

関連記事

親記事

アイヌ神話 あいぬしんわ

兄弟記事

コメント