ピクシブ百科事典

キムナイヌ

きむないぬ

アイヌ民族の伝承に登場する山に住む妖怪。※メイン画像の足跡の持ち主
目次[非表示]

概要

アイヌ民族の伝承に登場する妖怪で、名前の意味はそのまま「山の人」である。
キムンアイヌキムンクッ(山にいる神)、キモカイクッ(山においでになる神)という名でも呼ばれ、頭が禿げていると言われることからオケン(つるっぱげ)、ロンコロオヤシ(禿頭お化け)という呼び名もある。
人に似ているとも単眼であるとも言われ、キムン・セタと呼ばれる猟犬をつれていることもある。

基本的に人の血を嫌うために攻撃的ではないが、怒らせたり禁忌を犯したために殺されるという民話や伝承も多い。

足がとても速く山中を駆け巡り、熊でさえ手づかみで殺すほどの怪力を持つが、出会ってしまったら大好きだというタバコに火をつけて渡すか、「山の神さんにあげます」と言って一掴み渡すと去っていく。

風が無いときの倒木もキムナイヌの仕業といわれ、「山の小父さん、お前さんの上に木が倒れていくよ」というと退散していくともいわれる。

樺太の伝承では「守り神さんたち、手伝っておくれ」と頼むと荷物を軽くしてくれるというが、禿げ頭であることを気にしているため、そのことに触れてしまうと山を荒し急な暴風雨や倒木、木片を飛ばしてくるという。

創作での扱い

「ようかいしりとり」という楽曲でまさかの歌詞に採用されるという優遇を受ける。
…まあ、歌詞全体を見ても結構マニアックな妖怪が多いのだが。

ちなみにここでの姿は、禿げ頭のアイヌの男性のような姿である。

関連イラスト

蠱毒万歳百撰百笑 ちとりの山車見
ロリショタ万歳!!


関連タグ

アイヌ アイヌ神話 アイヌ民話 カムイ
雪男 山男 山鬼
怪力 ハゲ

関連記事

親記事

アイヌ神話 あいぬしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キムナイヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2466

コメント