ピクシブ百科事典

シャグマアミガサタケ

しゃぐまあみがさたけ

シャグマアミガサタケ(赭熊網笠茸)とはフクロシトネタケ科シャグマアミガサタケ属のキノコである。pixivではおもに擬人化イラストが投稿されている。

概要

食用とされるアミガサタケと同じチャワンタケ目だが科は異なる。
シャグマ(赭熊)とは赤みがかった熊の毛色に染めたヤクの毛で、後述の色と形状に見立てて名付けられた。
主に針葉樹林に発生し、傘にあたる部分は黄褐色、または赤褐色の状のグロテスクな外見である。

ヒドラジン類と呼ばれる猛毒を持つ毒キノコで、食べると7~10時間後に嘔吐や激しい下痢、腹痛や痙攣、重症の場合は肝障害、脳浮腫、内臓出血などを起こし死亡する。

なお、ヒドラジンはロケットエンジン燃料にも使用される化学物質で、かつてはロケット発着場近くで、食べてもいないのにこのキノコの中毒症状が見られたことから同じ物質であることが分かったという。

日本国内ではその外見と毒性から食用にはされていなかったが、フィンランドではコルヴァシエニ(Korvasieni)と呼び、特定の手順で茹でこぼし、毒を分解した上で食材にするという伝統がある。
しかし、毒性が強く蒸気を吸っただけでも中毒を起こす危険性もあるため、興味本位での調理は避けるべきである。

関連タグ

きのこ 毒キノコ フィンランド
アミガサタケ 珍味

関連記事

親記事

アミガサタケ あみがさたけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャグマアミガサタケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184

コメント