ピクシブ百科事典

シュヴァリエ・マグナ

しゅゔぁりえまぐな

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣「シュヴァリエ」の真の姿。メインイラスト下の人物はSSR版のヴィーラ。
目次[非表示]

概要

グランブルーファンタジーに登場する星晶獣シュヴァリエ」の真の姿。

シュヴァリエ・マグナ
シュヴァリエ・マグナ


ザンクティンゼル(主人公の故郷)の祠をいじったばかりに現れた栄光の騎士。不定形物のような形状から虫のような華のような鎧を身にまとい、完全な人型として顕現している。
小説でも登場しており、見た目に関しては「ヴィーラみたい」と評価されている。

パッと見は完全に鎧を着た人間だが、その腕は4本となり、各腕には斧、剣、槍、レイピアを手に持っている。背後にはおそらくアルビオン領主の城跡と思われる塔の残骸があり、シュヴァリエがそこに巻き付いていることがわかる。
シュヴァリエの契宿という種族特性と関係があるのか。あとビットがデカい。

その戦闘形態は「攻防一体」
イージスマージという全属性の耐性を得たモードによりこちらの攻撃のタイミングをズラし、その防御を崩された場合は代償を伴いながらイージスマージを解除し、高火力の連続攻撃を準備をする。そして弱ったパーティがなんとか彼女を削っても、その努力をあざ笑うかのように光の剣で滅却する。

戦闘パターンはわかりやすいが、鉄壁の防御を崩す技、圧倒的な攻撃力を耐える術を持たねばならず、ある程度削ったら光の剣にも警戒しなくてはならないので苦戦は必須。
マルチバトルでディスペル要因が削った後に別の誰かが殴ってイージスマージが張り直された時は地獄そのもの。立ち上げ主になる時は自分だけでもディスペルは持っておこう。

HLマルチバトルでは何とプライマルビットが2体登場。ODゲージを持ち、普通にダメージが効くが高耐久の個体と、低耐久だが、かなり防御力が高い個体の二種類となる。
それぞれが厄介な性質を持つため、優先的に破壊する事が重要視される。イージスマージは「イージスマージ・ディヴァイド」として健在だが、通常と違って1分の制約がある。

だがこれの厄介な所は「ビット」を回復させる事。せっかく削ったビットが瀕死目前で参加者全員分の回復を受けてピンピンしだす姿は恐怖そのもの。そのため、「ガン無視してシュヴァリエを殴る」よりは「ビットを黙らせてシュヴァリエの攻め手を無くす」戦法が一般的。

そしてダメージを与えてあと一歩となった時、相手も守るのを止めて攻撃に徹するために「イーリアスマージ」を発動する。以降は攻撃が桁はずれた火力に変貌。一発4000の超ダメージをほぼ必ず3回飛ばすというとんでもない大火力娘になる。
どちらが倒れるのが先かという勝負になるため、壁役は大勢欲しいところ。

HLバトルが30人体制になり、大幅に戦闘時の行動に調整が入った結果、「イージスマージ・ディヴァイド」が一回、「イーリアスマージ」が体力半分時に発動に変更。
「ディヴァイド」による停滞時間を気にする必要が無くなった反面、「イーリアスマージ」の超火力モードに耐える時間は大幅に増えた上、終盤は「光の剣」の攻撃に即死効果がつくようになったため、刃と刃のぶつかり合いに勝てる火力と防御力を備える必要性が増した。

召喚石として

召喚した時ははるか上空から姿を現し、こちらを容赦なく屠ったあの光の剣を降らせる。その際イージスマージを発動しているが残念ながら全属性耐性の恩恵は得られない。光の剣を落とす前の慣らしでしかないのだろうか。

追加効果は強化効果消去だが、同一の効果を持つロボミと違って如何せんかかりにくい。
後に4凸が実装されたが、それでも強化効果消去は確定ではなかった。
強化効果消去が確定となるのは更に後に実装された5凸(当然要求される素材も、六竜HLで入手できるアイテムが必要となるなど、敷居も高くなっている)となる。

コラボイベントで手に入った召喚石も「敵の強化効果を1つ消去(確定)」という性能を持つため、それで妥協するか、シュヴァリエ・マグナの5凸を目指して召喚石でのディスペルの手を増やすかに悩む騎空士もちらほらといたとか。

BGMは城砦都市アルビオンのBGMアレンジ。ただでさえ壮大だったアルビオンの曲が更に壮大なオーケストラにアレンジされている。人気が非常に高く、オーケストラコンサートではアレンジされて演奏された事も。そして無駄遣いもされている

シュヴァリエソード・マグナ

通称シュヴァ剣。シュヴァリエ・マグナ撃破ドロップでも確率が低いが入手可能。ガチャ系のSSRと比べてもある意味で破格の優遇をされる武器でもある。

その理由は、ショップにおける武勲の輝き2500で交換できる武器の中で名指しで個数制限がされており、その本数は10本。それ以降の本数を入手したい場合は、シュヴァリエ・マグナやオーディン、ヘクトル等の撃破ドロップが必須となるだろう。
(後に追加されたマグナII新武器も個数制限2個だったが……こちらはスペック相応とも言えなくもない)

スキルとしては光属性キャラの攻撃力とHPを上昇させる【神威】、攻撃力上昇の【攻刃】の効果小なのだが……比較的ドロップしやすい武器で【神威】はめったに見ないこともあって、光属性パーティーでは1本だけでなく複数本編成というのもザラだった。その為、前述の名指しの個数制限になっているのでは……という説もゼロとは言い切れないのである。

それ位に破格優遇されているシュヴァ剣だが、アニメ2期放送記念キャンペーンでも3凸までが限界だった。一方のセレ爪は5凸だったのに……。

2020年には6周年記念として、まさかの5凸のスキルレベル20状態で配布される事に。これは別の意味でも衝撃なのだが……。

その中で、年年歳歳PREMIUMの報酬でシュヴァ剣が1本含まれていた。報酬としてはティラノサウルスよりも後なので、あまり期待はされていなかったようだが……まさかの4凸状態の物だったのである。その為か、再びYahoo!トレンドにシュヴァ剣が入った。

Shadowverse

同じCygames制作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「十天覚醒」のアディショナルカードにて参戦した。

カード名シュヴァリエ・マグナ
種類フォロワー
クラスロイヤル
レアリティレジェンド
コスト7
進化前攻撃力:5 体力:9
能力融合 ; 指揮官・カード
----------
結晶 1; カウントダウン 1
ファンファーレ これに融合 していたなら、相手のフォロワーすべては、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
ラストワード カードを1枚引く。
----------
守護
ファンファーレ これに融合 していたなら、自分のリーダーと自分のフォロワーすべては「これが受ける5以上のダメージは4になる」を持つ。
進化後攻撃力:7 体力:11
能力進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)
収録セット十天覚醒
※融合…指定の手札をカードに混ぜる能力。融合することでその能力が強化される。
※結晶…プレイするのに十分なPPがなく、自分の残りのPPが結晶の値以上なら、結晶能力のみを持つアミュレットとしてプレイできる能力。
※カウントダウン…アミュレットに設定された数字がターン開始ごとに1減る能力。0になると破壊される。
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※ラストワード…場から破壊されたときに発動する能力。
※守護…相手フォロワーは守護を持つフォロワー以外を攻撃することができない。

騎士のような見た目からかロイヤルクラスで参戦。
Shadowverseの中でも珍しい能力である「融合」を持つフォロワー。星晶獣であることを再現した結晶能力も持っており、事前に指揮官カードを融合させることで、結晶と本体でそれぞれ異なる能力が発動する。

融合状態を結晶としてプレイした場合、相手のフォロワー全体の能力を失わせることができる。相手だけの浄化の輝き・ミュニエのファンファーレ能力であり、天穿の銃槍騎・ラスティナなどが持つ厄介なラストワード能力などを打ち消すことが可能。
結晶はラストワードで1ドローも行えるため、単純に手札入れ替えとして使うこともできる。

融合状態をフォロワーとしてプレイした場合、自リーダーとフォロワーに「これが受ける5以上のダメージは4になる」というバリアを張ることができる。
特にリーダーへのバリアは永続であるため、深海の接近などを用いた大ダメージコンボを恒久的に防ぐことが可能となる。
5/9と高めのステータスを持つ守護でもあるため、そのようなデッキが相手ならば頼もしいだろう。

関連タグ

グランブルーファンタジー 星晶獣 シュヴァリエ(グラブル)
ソラノトビラ:こちらのシナリオで登場したある人物が、シュヴァリエ戦で猛威をふるうようになった。初心者向けかと思いきや……。
カシウス(グラブル)STAY_MOON版SSRがシュヴァリエ・マグナキラーと言えるような性能を持つ。

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シュヴァリエ・マグナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213298

コメント