ピクシブ百科事典

シーフー

しーふー

シーフーとは、ドリームワークス制作の『カンフーパンダ』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「お前が伝説の龍の戦士か?」
「お前はカンフーを学びたいか?では私が、お前の師匠だ!」
「私がお前を竜の戦士にして見せる!」
「これは、私とお前の戦いだ」

概要

CV:英語版「ダスティン・ホフマン」/日本語版1&2「笹野高史」/日本語版3「樋浦勉」/アニメ版「浦山迅
青い瞳をした老齢のレッサーパンダの男性。
自他ともに厳しい性格をした翡翠城を治めるカンフーの達人で、マスターファイブとポーの師匠。町一番の賢者であるウーグウェイ導師を師匠に持つ。

一人称は「私」。小説版では「わたし」ケロケロエース連載コミカライズ版では「ワシ、わし」。
二人称はウーグウェイ導師を除いて基本的には「お前」「名前呼び」。
また、コミカライズ版ではところどころに爺口調が存在している。

中国最高のカンフーの師匠とされ、気を攻撃に転じる描写も一作目から発揮している。

カンフーパンダ1の劇中では推定40年ほど前に翡翠城の前に捨てられていた赤子のタイランを拾い、息子として、弟子として育てていた。しかし20年前に彼が龍の戦士に選ばれなかった事を切っ掛けに親子の関係は破綻。タイ・ランは谷を荒らすが、ウーグウェイに秘孔を突かれ、チョーゴン刑務所に送られる事に。

その後、孤児院からマスター・タイガー/タイガレスを引き取り弟子として育てるが、タイランの一件が影を落としたのか、昔ほど優しい性格ではなくなったらしい。

そして、運命によって『龍の戦士』に選ばれたポーを信用せず、毛嫌いしてパワハラを重ねた上で追い出そうとするが、紆余曲折の末、ポーの食欲を利用して稽古をつける。
その後は脱獄したタイ・ランと対峙するが……。

作品が進展する毎に性格が年齢に合ったもの、というか丸くなり覇気が減っている感がある。

英語表記は「Shifu」。漢字表記は「師傅」ではあるが、厳密にいうとやや不自然な表記だったりする。(解説)

横笛が趣味のようで、カンフーパンダ1やアニメ版にて笛を吹く描写が見受けられる。

テレビアニメ版

老師様


パラレルワールドと思われるアニメ版では以下の様な描写がされている。

12歳の時に詐欺師だった父親のシロンに翡翠城の前に捨てられた所を、ウーグウェイ導師に拾われてカンフーの道に進んだ。(アニメ版「ダメな親には旅をさせろ」より)

先代マスターファイブの一員でもあった。(アニメ版「闇の誘惑に耐えよ!」より)
が、その時初代マスター・ファイブは彼を貶めるが、怒ったタイガー達が彼らを懲らしめようとするが、皆コテンパンにされた。一方、ポーが一人で4人とも蹴散らした。(ポーの項目も参照。)
ウーグウェイ導師の下での修行仲間たちは、なぜかライバルや悪役にばかりなっている。

アニメ版は映画版とは矛盾がある部分も見受けられ、パラレルワールドとも見なされているので、厳密には正史とは言えない。また、映画やその他の派生ビデオ作品では、マスターファイブは現在のメンバーが集まって初めて出来たチームであるともされている。

また、メイ・リンという狐のくっついたり離れたりして復縁した恋人がいる。手癖の悪い泥棒だったが、後に改心している。

関連動画




関連タグ

カンフーパンダ カンフーパンダのキャラクター一覧
タイラン ポー
ケモノ ジジケモ レッサーパンダ

pixivに投稿された作品 pixivで「シーフー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26946

コメント