ピクシブ百科事典

タイ・ラン

たいらん

タイランとは、ドリームワークス制作の『カンフーパンダ』シリーズに登場するキャラクター。

「嬉しいねえシーフー。忘れられたかと思ってた」
「戻ってこう伝えろ。まことの龍の戦士が戻るとな」
「おれを誇りに思うと言え、シーフー!」

概要

CV:英語版「イアン・マクシェーン」/日本語版「中尾彬」
金色の瞳をした壮年の雪豹
一作目の推定40年ほど前に翡翠城の前で拾われたシーフーの養子であり弟子。つまり、マスタータイガー(タイガレス)の義兄。

カンフーの天才で、ポーの発言によるとカンフー秘伝の書を1000巻習得している。
また、本編中の強さはトップクラスであり、20年間身動きできずにいても、マスターファイブを同時に相手取ったり、シーフーにも勝ってしまうほど強い。重力に逆らった動きも可能。タイランの暴走もあり、マスターファイブは八卦などの上級以上の技は教えてもらえなかった。

一人称は字幕や小説版では「おれ」。ケロケロエース連載コミカライズ版では「俺」。ゲーム版では「私」。
二人称はシーフーに対して「シーフー」「お師匠様」「あんた」。コミカライズ版では「お前」。ゲーム版では「貴様」。
それ以外は「お前、お前ら」「名前呼び」。コミカライズ版では「貴様、キサマ」。
三人称はコミカライズ版では「アイツ」。

シーフーは彼を愛しており、同時に才能を見出し修行をつけていた。
その成長は目覚ましく、シーフーも、本人も龍の戦士に選ばれるのは自分だと思っていた。
しかしウーグウェイに却下された際に、シーフーが彼に何も言葉をかけなかった事で激昂。
平和の谷を破壊し、力ずくで龍の巻物を奪いにかかった所をウーグウェイに秘孔を突かれ、モンゴルのチョーゴン刑務所に収監され20年を過ごす。
しかしウーグウェイの予感を切っ掛けに脱獄。途中でマスターファイブと相対するが投獄されていたブランクを感じさせず、これを難なく撃破。
そして翡翠城の前でシーフーと20年ぶりの親子の再開を果たすが……。

「俺の運命を奪ったのはお前だ」



ここまで見ると単なる悪役に見えるが、劇中の発言を深く考えると、彼は「龍の戦士の力で中国を支配する」と言った悪役にありがちなセリフは発していない。
その代わりにシーフーに誇りに思ってほしかった。小説版ではお前は本当にすごい、そう言ってほしかった。ゲーム版では貴様の為に強くなったと愛憎入り混じった感情をぶつけている。ある種のファザコンというべきか。

ウーグウェイがタイランを選ばなかった理由は語られておらず、具体的な内容は不明。
タイガーはこれに関してウーグウェイが邪心を見抜いたと語っているが、どのような邪心を抱いていたのかは明らかになっていない。しかし、『3』にて「龍の戦士は単にパンチやキックで悪を倒すだけの存在ではない」と語られている為、シーフーにだけ固執していたタイランでは、それに合致することはなかったと思われる。

平和の谷を破壊した、と語られているが具体的な死者の数はどの媒体でも不明。息子であり弟子であるタイランが問題を起こしているのに、シーフーが責任を取った描写は無く、シーフーの立場的な事情を考えると死者が出ていない可能性もある。
種族的に言うと、シーフーの種族であるレッサーパンダの天敵は雪豹である。

英語表記は「Tai Lung」。漢字表記は「大龍」。また日本のメディアで表記されるときは「タイ・ラン」と中黒が常に入っている。
アニメシリーズには彼の甥である「ペン」が登場している。
一作目のオーディオコメンタリーではタイランの生死の詳細は決まっていなかった。
おなじくコメンタリーより、タイランは自分の事をヒーローと思っていて、ポーやマスターファイブを倒して龍の戦士になればシーフーとも和解できると考えていたとの事。
ポーが初めて戦った敵というポジションゆえか、短編作品や本編内でもわずかに言及される事が多い。
さらに日本未発売のゲームでは生きていたタイランがほかの悪党と手を組み復讐に来るといったストーリーも。
しかし少なくとも映画本編系列では死亡判定らしく、公式からも言及されたり短いながらも決定的な描写が3にある。
タイランの死因はウーシィの指固めだが、3の描写によると、実は相手を生きたまま魂の王国に送る技らしく、魂の王国にいるが死んではいない可能性がある。

関連タグ

カンフーパンダ
シーフー ポー
ケモノ オスケモ 雪豹

pixivに投稿された作品 pixivで「タイ・ラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74

コメント