ピクシブ百科事典

マスター・ヘビ

ますたーへび

マスター・ヘビとは、人気シリーズ『カンフーパンダ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

(トップ画像)

概要

声:英語版:ルーシー・リュー 吹き替え版:MEGUMI 3作目は朴璐美
アニメ版:Lucy Liu / 鷄冠井美智子

原語名はマスター・バイパー
頭に蓮の飾りを2つつけている雌の
蛇拳使いで、『フュリアス・ファイブ/マスター・ファイブ』の一員。一人称は私。

マスター・バイパー


偉大なるグレートマスター・バイパーの愛娘。毒蛇ではあるが、先天性の原因で毒牙を持たない (毒を持たないとされているが、厳密には毒線などの一切を持たないのかは分からない)。このため、毒牙を最大の武器としてきた一族にとっては痛手であった。

  • 彼女の一族は、竜の末裔であると言われてきた誇り高き種族であり、毒は竜の火炎が転じた物だとされてきた。そのため、毒を自在に武器として使えない事が、どれほど痛手だったのかは言うまでもない。

が、父親を励ます為に幼少期から習い始めた踊り (リボンダンス)で精進し、村一番の踊り娘になった。そして、その技術を巧みに利用して、新調の鎧で父親を破ったゴリラの盗賊を倒した事がきっかけで、一族の誇りとして返り咲いた。

上記の通り、リボンダンスをカンフーに生かしており、変幻自在に動いて避けるだけでなく、己の体そのもので鞭のような打撃も繰り出すことが出来る。得意技は、敵の腕に絡みつき、敵の腕で敵自身を殴らせる事。この特徴的な戦法は、彼女のカンフーマスターとしての台頭のきっかけでもある。

当初、ポーが初めて『竜の戦士』に選ばれた時はポーにきつく接したものの、その後すぐに優しく接した。

アニメでは

他のキャラクター同様、映画とはパラレルワールドとも捉えられるので、区別する必要があるかもしれない。
フーシーを倒そうとするために、ポーを裏切ったふりもしていた。(「裏切りは蜜の味」より)
因みに、フーシーはアニメオリジナルキャラクターであるキングコブラ

女性同士であるマスター・タイガーと行動を共にすることが多い。

関連動画


関連タグ

カンフーパンダ ヘビ マムシ

pixivに投稿された作品 pixivで「マスター・ヘビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1993

コメント