ピクシブ百科事典

ジャガンナート(メタルマックス)

じゃがんなーと

『メタルマックス3』に登場する戦艦、あるいはその中枢を守る「ジャガン」「ナート」のペア。終盤のネタバレを含みます。

概要

 ラストダンジョンである巨大潜水艦ジャガンナートの制御用AIに与えられた姿で、姉妹であることを主張。
 大規模破壊兵器を搭載していることもあって、2つの起動キー(双子の蓮)によって長い眠りについていたが、その2つを集めたグラトノスによって起動。
 搭載してあった長距離ビーム砲撃で、シエルタの街の守護神である巨大ロボ:アラモ・ジャックを中破させた。

 その後はグラトノスを追う主人公一行の前に、自己防衛のため紫髪のゴスロリ少女2人の姿で立ち塞がる。
  (なお設定的には、白服のジャガンが姉で、黒服のナートが妹)
 ジャガンが攻撃&迎撃を担当、ナートは回復・復活&状態異常撒きを担当。
 どちらも火炎が弱点で、電気・ビームは効かない。
 撃破後は徐々に沈みゆくジャガンナートの甲板上で、グラトノスとの最終決戦となる。
 そのため、彼女らを倒すと後戻りがができなくなる。
  (クリア後は少々時間が巻戻るため、グラトノス共々何食わぬ顔で復活していたりするが)

 何の前触れも無く唐突に現れてプレイヤーの前に立ち塞がり、無言のまま退場するという謎のキャラ。
 確かにオタク受けはする外見だろうが、もっと出番が無いと妄想の膨らませようもないんですが・・・。
 再生過多で狂気が加速してるグラトノスは、目立った反応してくれないし。

 双子の蓮という形で2つの起動キーを必要とする理由は、ノアによるハッキングから逃れるためである。 ノアに対抗する兵器であったとの説も。
 だとしても、「高原の湖に配備・格納された大型潜水艦」という理解に苦しむ設定・演出には苦笑を禁じえない。
  (普通、潜水艦は大海原で偵察・奇襲に用いるものなので、そこまで自力で到達できない場所に配備という設定は、運用的に本末転倒にも程がある)
 製作スタッフは誰もツッコまなかったのだろうか?


関連タグ

メタルマックス3
最終防衛システム制御システム制御中枢部繋がり
※流石に擬人化ではないが
メンタルモデル※艦艇の擬人化繋がり同時に後に影響を与えた

関連記事

親記事

冷血党 くらんこーるどぶらっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャガンナート(メタルマックス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 445

コメント