ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アメリカ輸送機。⇒C-47
  2. タイバンコク高架鉄道。⇒バンコク・スカイトレイン
  3. カナダバンクーバーの都市鉄道。正式名称はバンクーバー・スカイトレインだが本項で記述。


概要

1986年のバンクーバー国際交通博覧会開催のためにその前年に開業した。現在は3路線が営業中で、2016年に世界で1番目に長い距離を走る無人鉄道となった。

路線

レールの幅はすべて1435mm、集電方式はすべて第3軌条である。

路線名開業年総距離(km)駅数システム電圧(V)最高時速(km/h)
エキスポ・ライン198536.424鉄輪式リニアモーターカーDC60090
ミレニアム・ライン200231.217鉄輪式リニアモーターカーDC60090
カナダ・ライン200919.216普通の鉄道DC75080

車両

以下の車両が運行されている。

エキスポ・ラインおよびミレニアム・ラインの車両

この2路線は規格が全く同じなので共通の車両が運行されているが、異種車両同士の混結運用はない。

Mark I

Innovia_ART100系。片側2ドアの12.7mの車両である。1984年から1994年までに2両編成75本が製造された。最大で6両編成で運用に就く。
GTO-VVVF車で、冷房を搭載せず、車両間の通り抜けは全くできない。また、先頭部分は機械室になっているため前面展望は悪い。
2013年にはリニューアル工事が行われ、2026年までは最低でも運用される予定。

Mark II

Innovia_ART200系。片側3ドアの16.7mの車両である。2002年から2両編成54本が製造された。最大で4両編成で運用に就く。
IGBT-VVVF車で、冷房を搭載する。2両単位で車両間の通り抜けができる。

Mark III

Innovia_ART300系。片側3ドアの車両である。4両編成7本が運用に就いているが、さらに4両編成を4本増備する予定となっている。必ず4両編成で運用に就く。
IGBT-VVVF車で、冷房を搭載する。4両単位で車両間の通り抜けができる。

カナダ・ラインの車両

ヒュンダイロテム製。片側3ドアの20mの車両である。2両編成10本が運用に就いているが、さらに2両編成を6本増備する予定となっている。連結は一切せず、必ず2両編成で運用に就く。

関連タグ

リニアモーターカー 地下鉄 カナダ バンクーバー

関連記事

親記事

鉄道 てつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカイトレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント