2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

インド神話に登場する供物の女神

祭火の神アグニの妻であるとされ、ヒンドゥー教聖典『マハーバーラタ』によればアグニは7人の聖仙の妻に思いを寄せていたが、人妻に手を出す事になるので自制していた。

しかし彼女はアグニに恋心を抱いていたので、次々に聖仙の妻に化けて誘惑し、アグニと6回関係を持つが、7人目は諸事情から騙す事は出来なかったとされる。

なお、元々はバラモン教の儀式で天上の全ての神々に捧げられた供物の事を指しており、それが神格された存在こそが彼女だと言われており、この言葉を唱えないと神々は供物を受け取ってくれないされ、現代でも神々に願いが届くことを祈る呪文として使われているという。
密教に於いても多くの真言(マントラ)の最後に唱えられる薩婆訶(ソワカ)はスヴァーハーの漢訳であり、しばしば「祈り願う」や「幸あれ」などと翻訳される。

関連項目

女神 インド神話

関連記事

親記事

インド神話 いんどしんわ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました