ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

トヨタ自動車が製造・販売を行っている最上級セダン。排気量は5000cc(ハイブリッド)。車両価格は安くても約2000万円。

いわゆるショーファードリブン(オーナーが運転するのではなく、専属の運転手がいる車。リムジン)であり、役員車として売られることが多い。その一方で富裕層からオーナーカーとして購入する例や個人タクシーとしする例も少なからずあった。
だが、2代目の末期では価格の高さやマツダが手を出した禁じ手である3ローターのロータリーエンジンと双璧の燃費(いわゆるJC08モードでガソリン1リットルあたり7.6キロしか走らない)が時流にそぐわないということで、同じトヨタでも、レクサスLSのハイブリッドカー仕様車やアルファードのハイブリッドカー仕様車に置き換えられる例も少なくなかった。

歴史

初代は1967年に誕生したが、2代目が登場したのは1997年。モデルチェンジまで30年もかかっている。その2代目も2017年2月に生産終了になるまで、20年にもわたり生産・販売され続けた。

黒塗りの高級車
トヨタ自動車センチュリー イラスト


もっとも、実際には細かい改良は随時施されており、下記の画像の車のようにモデルチェンジもままならず「走るシーラカンス」と化すまで放置されていた訳ではない。

デボネア・2.6エグゼクティブSE(A33)


これは、頻繁なモデルチェンジで客の耳目を集める必要がない車種であること、元の設計がしっかりしていたため、マイナーチェンジで時代の流れに追随できたことの証左と言われる。

2代目の生産終了により、50年の歴史に終止符を打った、かに見えたが、同年10月に3代目の構想が発表された。やはり時代を反映してか、エンジンをV12からV8へダウンサイジング(というより原点回帰)してハイブリッド仕様になったほか、衝突回避システムも標準搭載されるようになった。
そして2018年6月、その3代目が市販に移された(当時は、一度も前例のない自動車雑誌の増刊として新車速報誌も発行された。それほどまでに、複雑な生い立ちと存在感が大きすぎたのだ)。

センチュリー・5.0HYBRID(UWG60)



そもそも1990年代以降はデフレや景気不振によって公官庁や大企業に対しても節制が求められていること、かつて文字通り特権階級であった名家富裕層代議士などのショーファードリブンのオーナーもつつましやかな生活を送る人が多くなったこと、排ガス規制・環境問題などの社会的な要因もあり、ショーファードリブンがラインナップにある事自体疑問符がもたれてもおかしくない。

よっ、大統領
Flagships


また、レクサスは(特に近年は)派手なデザインでステータスシンボルや趣味性の高いイメージが抱かれがちではあるものの、LSのハイブリッドバージョンが総理大臣専用車に採用されている。ミニバンのアルファードの場合は、実用性に重きを置いた設計でありショーファードリブンとしては似合わない、と言われながらもかなりショーファードリブンとして活用さている。これらの事を考えれば、センチュリーは存在意義を失いつつあるといわれる。

だが、一筋縄ではいかないのが世の中である。
国産車としては最上級ながらも控えめで堅実な車として作られたセンチュリーは、海外に目を向けているがゆえに派手になりがちなレクサスとは高級車としての性格が異なると主張する人もいる。
また、生産効率を最重視するトヨタとしては異例のほぼハンドメイドで作られているという点で、LSやアルファード、さらにはクラウンとの差別化を図っている。

トヨタ自動車からはあのように様々な高級乗用車がラインナップされていることに加えて、「最上級でありながらごく控えめな高級車」を欲する日本独自の需要が存在することもあってか、大衆車から超高級車までを手掛ける世界有数の自動車メーカーとしての「”トヨタ銘”のハンドメイドの高級車」として、特異なポジション、いや、孤高の存在にあると言える。

なお、「センチュリー」とは、英語で「世紀」という意味。明治100年を記念して付けられたものの、実は明治100年は翌1968年のこと。トヨタグループの祖・豊田佐吉の生誕100年を記念して付けられた

販売実績

基本的に輸出はしておらず、国内の法人需要を中心とした国内専用車であるが、中国や香港などに少数輸出実績がある。

特殊ドメスティックな需要に特化しているため、超がつくほど保守的なスタイリング(60年代のスタイルを残した外見は初代と一見見分けがつかないほどで、21世紀の今となっては古色蒼然としている)、多くの操縦系統を二重化・冗長化し絶対的な信頼性を得ていることなど、高級車としては世界にも類を見ない、とても個性的な存在となっている。またボディカラーのラインナップが横文字ではなく「摩周」「瑞雲」などの日本語、さらには一時期のみの導入とはいえ日本車唯一の12気筒エンジン搭載車であったことなど、様々な面で他の日本車とは一線を画した存在でもある。

定価は1960万円からと高額であるが、国産ゆえの圧倒的な信頼性の高さとほとんどの生産工程が熟練工員による手作業であることを考慮すると、これでも同等の外国車と比較しても破格の安値であるとする向きもある。

2006年、2代目をベースとした「センチュリーロイヤル」が皇室の御料車として宮内庁に納入された。
それまではプリンス自動車(のちに日産自動車に吸収された)が製作した「プリンスロイヤル」が使われていた。
さらに2019年には3代目のオープンカー仕様が宮内庁に納入される事が明らかになった。メルセデス・ベンツロールス・ロイス、さらにはホンダレジェンドなどを押さえての採用である。

余談

  • この車の2代目に搭載されていた1GZ-FE型V12エンジンは直列6気筒の1JZ-GTEと基本設計が共通であり、1JZ/2JZ搭載車や社外の1JZ/2JZ換装用マウントが存在する車にも簡単に搭載できる。実際にトップシークレットの永田和彦がスープラに、URASの野村謙がS13シルビアに搭載したケースがある。
  • 前述の二重化による信頼性確保はこの1GZエンジンにも採られており、片バンク6気筒にトラブルが生じてももう片バンクの稼働だけで走行することが可能。エンジンコンピューターも燃料ポンプさえもこのために二重化されている。
  • 3代目では社長の豊田章男が作らせた、センチュリーのスポーツモデルであるセンチュリーGRMNが2台だけ存在する。ただし豊田社長もまだハンドルを握ったことがないという。また、2019年の箱根駅伝に出没している。この豊田社長が乗り、あるいは箱根駅伝に出没したセンチュリーは白だったのだが、黒も存在するという噂があった。そして2019年の東京オートサロンのトヨタブースにこの黒いセンチュリーGRMNが突如出没したことで、黒の存在が確かめられた。普段、白は東京本社、黒は豊田市のトヨタ本社で社用車として使われているらしく、運が良ければ公道を走る姿を見られるかも知れない。ちなみにナンバープレットの数字はどちらも「19-67」。車名の真の元ネタである豊田佐吉の生誕年にあわせたもの。
  • オーナードライバーがセンチュリーに乗って集まるオーナーズミーティングが何度か開かれている。googleの画像検索の
  • また、個人タクシーの場合、料金はクラウンやフーガシーマなど他の車両と同じ(東京都内に限る)なので、空車で流していたら乗ることができる。


外部リンク

関連記事

親記事

TOYOTA とよた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「センチュリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52505

コメント