ピクシブ百科事典

概要

初登場はDQMJ3で、同作の裏ボスをつとめる。
ストーリー中何かと主人公らの命を狙ってきたダークマスターガルビルスとの決戦前に一度死んだと思われていたが、奇しくもガルビルスと同様マ素に悪意だけは残留していた。
ED後のストーリーで主人公がアロマと共にレナーテを救うために星を創造するチカラを秘めた欠片を作成するも、そのチカラを利用して復活を遂げる。

一形態はダースガルマといい、戦闘中に二度の変形を行う(モンスターとして入手できる個体は二回変形した後の姿)。
二形態がこのダグジャガルマなのだが、ダースガルマの尻尾が肥大化してそこから顔や手足が生えてくるという不気味な変身方法を見せる。
その様子は進化の秘法を利用して化物となったデスピサロを意識したものと思われる。

元々ダークマスターは主人公の兄であるアンセスを超えるために創り出された存在なのだが、アンセスは亡くなり現在はその身体を主人公が引き継いでいる。
それゆえ彼は主人公を倒すことで自身の存在意義を証明するかのような態度を見せていた。

戦闘では重力属性の高威力特技を好んで使用し、高い威力でガンガン削ってくる。
みがメタ対策かおたけびも使用するため注意。
しかし最も危ないのは10ターン目以降に使用する「マスターアップ」という特性。
締め切りという意味を持つこの特性、発動すると強制的に相手を全滅させるというチートかつ理不尽なものである。
突破方法はほぼ存在しないため、ここはやられる前にやる一択。特にプロ版ではライド合体を利用して四桁ダメージを叩き込み続けることをオススメする。
ちなみにDQシリーズにはこのように一定ターンや一定時間以内に倒さなければ強制全滅させられるボス戦がいくつか登場している。DQ6のドグマ、DQ10の魔獣サルファバルなどが該当。
配合で作り出すことも可能で、同作の配合ツリーの頂点に位置する…のだが、(軒並み高水準なパラメータと引き換えに)全モンスター中最低のHPを持ち、そのHPのお陰で非常にコストの重い固有特性が全く機能しないという、実に哀しい有様となっている。もちろん配合で作った個体は「マスターアップ」は持っていないし、仮に持っていたとしても発動させるまで生き残る事はまず不可能。
ラスボスだから強くないといけないという決まりは無い(むしろDQJのラスボスは総じて仲間になると非常に扱い辛い)が、これでは流石に弱過ぎる…

関連タグ

ドラゴンクエストモンスターズ DQMJ3

DQMシリーズのラスボス、裏ボス
ドーク マガルギ ギスヴァーグ ガルマッゾ 邪神レオソード オムド・ロレス
ヒヒュドラード 魔戦神ゼメルギアス 名もなき闇の王 ガルマザード 大魔王マデュラージャ

関連記事

親記事

DQMJ3 どらごんくえすともんすたーずじょーかーすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダグジャガルマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント