ピクシブ百科事典

ドーク

どーく

ドラゴンクエストモンスターズシリーズに登場するモンスター。コレクターの魔王。
目次[非表示]

概要

狭間の世界の主にして、天空の世界の魔物を統率する魔王。ドラゴンクエストモンスターズ2のラスボス。
星のドラゴンクエストでは宇宙政府の上級執行官であるディミトリという色違いのボスが登場する。

たくさんの宝を持っているコレクターでもあり、マルタのへその代わりになるものが彼の城にあると聞いてやってきた主人公と戦うことになる。
見た目と違って、魔王にたがわぬ威厳と冷酷さを兼ね備え、人々の絶望を喜び、配下のダークマスターを容易く葬る。始終シリアスなキャラ。
GB版では本来覚えないギガスラッシュを使い、多くのプレイヤーを灰にした。

強いモンスターや珍しいモンスターを集めるという収集要素を主体としたゲームに似合った、コレクターの魔王という存在は独特であり、破壊や支配ではなく、己の栄養となる他者の欲望を集めることを目的としている。
言ってしまえば魔王でありながら世界征服などに興味がないのである。

しかしこれから戦いを始めるというときに、世の中には二種類のコレクターがいるなどと急にコレクター談義を始めるあたりは、本当にその道に通じた魔王なのだと思わざるを得ない。

最終的には負けたことによって、主人公は自分の望む見栄や欲に駆られた冒険者ではなかったことを知り、そういった感情で動かない者はコレクターとしては最低だが、代わりに貴方は最高の仲間を集めたようだと語りながら息絶えた。

3DS版では

3DS版では一転してコミカルかつ若干小物臭いキャラに。
いちど倒されてもそこで終わらず、神聖の宝珠を飲み込んで巨大化しパワーアップした「ネオ・ドーク」(4枠)として再び襲いかかってくる。
ハイテンションからの全体攻撃が強力で3回行動と非常に強い。

負けた後は、マルタのへそを持っているというのは嘘だったことを白状し、今までの偉そうな態度とは打って変わってぺこぺこ謝り、カメハに「しょっぱい魔王がいたもんだな」と言われる。
が、なぜかドークのコレクションの中に金ぴかのワルぼうの金像があり、一応マルタのへその代わりは見つかった。
主人公(イルorルカ)が去った後、カメハにお宝をとられたらしく、その中にあったある一つの宝箱が原因で、マルタは再び危機に陥る。

ちなみに3DS版ではドークの屋敷の中にコレクションと思しき品がいくつも飾ってあるのだが、ファンサービスなのかラーの鏡や精霊の冠、キーエンブレムやマデュライトなど歴代DQシリーズのキーアイテム群である。

モンスターとして

モンスターズ2

ドラゴンクエストモンスターズ2でラスボスとして初登場。
入手方法は小さなメダル10枚。彼自身がコレクション化されている。
配合方法も配合先もない。
能力値は????系だけあって高めだが、序盤は上がりにくく終盤に爆発的に上がるタイプで育てにくい。
地味に耐性はほぼ完ぺきである。

ジョーカー2プロ

その後は長らく登場がなかったがジョーカー2プロで再登場。
1枠ながらHPが1000もある。なんと状態異常がほとんど無効という1枠とは思えない耐性を誇る。
コレクターな設定ゆえか珍しい特性を持ち固有スキル「ドーク」も珍しい特技がそろう。
「ドーク」は「つるぎのまい」や「じごくのおどり」を覚える有用なスキルであった為、重宝された。

テリー3D

1枠でありながらHPが1620とさらにタフに。さすがに高すぎたのか、耐性は下げられた。
攻撃を倍の威力で返す「ギャンブルカウンター」の特性を持つのでタフさを活かして攻撃力を高めて反撃する戦法がとれる。

イルルカ

原作同様にラスボスとして登場。
HPがさらに上がり、その数値1670。1枠の???系ではトップ。
存在するだけで厄介な特性を兼ね備え、ギャンブルカウンターも健在。
そのタフさを活かした戦術が有効。
また、4枠の超巨大モンスター「ネオ・ドーク」が追加された。
AI4回行動、ラッキー、わるぐち、全ガードブレイクなど強力な特性を持つ。
一つだけアイテム%アップという対戦では使えない特性があるが、新生配合で別の特性に変えられる為、欠点にはならない。
あまり評判の良くない進化魔王たちだが、ネオ・ドークはドークらしさが残っている。

関連タグ

ドラゴンクエストシリーズのモンスター一覧 ドラゴンクエストモンスターズ ラスボス

ジラルダン

関連記事

親記事

魔王系 まおうけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 650

コメント