ピクシブ百科事典

ダユー

だゆー

フランス・ブルターニュ地方に伝わる伝説上の都市『イース』の女王
目次[非表示]

誘導

アガルタの


この伝説を元とした「Fateシリーズ」のキャラクター。⇒イースのライダー

イースのダユー伝説の内容

イース(イス)とは、5世紀ごろのフランスのブルターニュ地方南端、海に面した低地に存在していたとされる伝説の都市である。栄華を誇っていたが、大洪水によって一夜にして海に沈んだと伝えられている。フランス語では「Ys」と綴るが、ブルトン語というブルターニュ地方の言葉では「Is」と綴る。

当時のブルターニュ地方には、コルヌアイユという王国が存在しており、グラドロンという王の善政によって繁栄していた。そしてグラドロンはある時、森で出会った聖コランタンに感銘を受けて、キリスト教へと改宗することとなる。グラドロンは首都であるカンペルレに教会を建てるなどして、熱心にキリスト教の布教に努めるようになった。

一方グラドロンには、ダユーという一人娘が居た。ダユーは類まれなる美貌の持ち主であったが、欲深く放蕩な女性であった。グラドロンはダユーのことを溺愛していたのだが、ダユーはキリスト教の布教に尽力するグラドロンに不満を覚えるようになり、自分のための都市を創って欲しいとグラドロンに懇願する。グラドロンはその願いを聞き入れ、コルヌアイユの西端にイースという都市を創り、遷都して自らもそこに移り住むこととなった。

イースの創られた土地は窪地であったため、津波や洪水から守るために堤防を作るべきだとダユーはグラドロンに主張するも、グラドロンは教会の建設を優先するべきだと主張して譲らなかった。
そのためダユーは、キリスト教に迫害され、イスの近くにあるサン島でひっそりと暮らしていた巫女たちの力を借り、彼女たちが使役するコリガンという妖精の力で堤防を建設する。またダユーは、コリガンの力でドラゴンを呼び出し、このドラゴンに商船を襲わせることによって金銀財宝を略奪するようにもなった。

コリガンの力で得た富によって、イースは繁栄の極みに達することとなったが、人々は享楽に溺れ堕落し、背徳に満ち溢れた場所へと変貌してしまった。またダユー自身も、欲望の赴くままに酒色にふける毎日を送っていた。ダユーは毎晩祝宴を開き、そこに招いた男性の中で、自分が気に入ったものがいると誘惑して一夜をともにしたが、飽きれば魔法で殺して海に捨てていた。このあまりの暴虐非道ぶりを見かねたコランタンは、ランデヴェネックの修道士である聖ゲノルに、人々を改心させるよう依頼するも、イースの人々はゲノルの説得に全く耳を貸そうとはしなかった。

そんなある時、ダユーの祝宴の席に、全身赤ずくめの貴公子が姿を現す。ダユーのどんな誘惑に対しても一切動じようとしないこの貴公子に、ダユーは興味を抱くが、貴公子はそんなダユーに、水門の鍵をくれたら妻に迎えると告げる。最初は拒否するダユーであったが、最終的には貴公子への好奇心の方が勝って、ダユーは水門の鍵を貴公子に渡してしまう。しかしその貴公子は、イースを滅ぼすために神が差し向けた悪魔であり、貴公子の手によって水門は開かれてしまう。

水門が開かれた直後に大洪水が発生し、たちまちのうちにイースは海の底へと没していった。逃げ出すことができたのはグラドロンとゲノル、そしてグラドロンの馬に乗せられたダユーだけだったが、グラドロンの馬はなぜかなかなか前に進むことができない。その原因がダユーにあると察したゲノルは、ダユーを杖で突き落とし、それによって2人は洪水から逃れることができた。

こうしてイスの都は海底に没したが、言い伝えではイースの都は滅びたのではなく、いまだに水没した直後のままの姿で海底に存在しているとされている。海底のイースでは、グラドロンの教会でミサが行われており、そのミサが終わればイースは再び地上へと戻ることができるとされているが、正しい答唱をしてくれる人がいないためいつまで経ってもミサが終わらないのだという。またイースの町では、水没した時に人々にかけられた呪いによって、町の住人は水没する直前にやっていたことを延々と繰り返しているという言い伝えもある。

ちなみにフランスの首都であるパリの語源はこのイースにあり、イースに匹敵するという意味の「Par-Is」から来ているという説があるが、これは俗説であり、現在のパリの位置に都市を築いたケルト系部族のパリシイ族を意味する「Parisii」から来ているという説が有力である。

参考リンク


関連リンク

ダユーとゲノル(パペット劇) facebook

関連タグ

イース 女王

pixivに投稿された作品 pixivで「ダユー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52479

コメント