ピクシブ百科事典

ダークファルス・ペルソナ

だーくふぁるすぺるそな

ダークファルス・ペルソナとは、PSO2EPISODE5を飾る真のラストボスである。
目次[非表示]

「我が……我こそが……! 【仮面】!」

cv:森久保祥太郎

概要

緊急クエスト「悲劇を歌う怨嗟の虚影」に登場。
【深遠なる闇】の残滓にかつて守護輝士に倒されたエルミルの怨念が融合したことで誕生した存在
4体のダークファルスの特徴を持つ仮面をかぶることで、それに対応した能力を行使できる。
各種形態に効果的な状態異常が設定されており、しばらく行動不能に陥る(複数回行動不能にできるが、一度行動不能になるとその前に各形態のHPが尽きるほど耐性が高くなる)
台詞はエルミルというより【深遠なる闇】(【仮面】)を思わせる口調となっている。

形態

【巨躯】形態

【巨躯】の仮面を着けた形態。
一撃の威力が大きいパワーファイトでプレイヤーに襲い掛かる。地面を殴る攻撃は腕の衝撃波と地面の割れ目で連続して攻撃判定が発生する為、回避やジャストガードを狙う際は留意。
ショックで行動不能に

【敗者】形態

【敗者】の仮面を着けた形態。
時間停止と斬撃のコンビネーションを繰り出してくる。
ミラージュで行動不能に。この形態はコアのついた腕を振り回すので、じっとしてもらうと近接メインにはありがたい。

【若人】形態

【若人】の仮面を着けた形態。
レーザーを束にして攻撃したり、羽根から弾をばら蒔いて行動を阻害したり(不都合修正の際にちゃっかり追加された)、プレイヤーを狙ったピンポイント攻撃を仕掛けてくる。
バーンで行動不能に

【双子】形態

【双子】の仮面を着けた形態。
場外や死角から奇襲攻撃を行うトリッキー戦法を用いる。
フリーズで行動不能に形態変化直後の連続突進(開始すると攻撃を当てるのが困難な為、非常に嫌がられる)を開始するタイミングで付与するとタイム短縮に繋がる

最終形態

ぺ


【深遠なる闇】に似た禍々しい仮面を着けた形態。
4体のダークファルスの力を全て使用してくるだけでなく、それに伴い弱点である胸部のコアが光り輝く。破壊可能箇所は仮面と胸部の二ヵ所(胸部は二段階)。ちなみに仮面にはドロップが設定されていないので狙う意味はないが、胸と異なり他の部位に攻撃が吸われにくい。
体力をある程度減らすと距離を取って、力を溜めた後にエネルギー弾を叩きつける
このエネルギー弾は破壊可能だが、破壊してもすぐさま2発目を叩きつけてくるため注意。判定は単発なのでタイミングを図って回避やジャストガードができればフォローできる。
エネルギー弾を壊しても本体にダメージが入らないばかりか、壊してダウンさせてもすぐに復帰するのでエネルギー弾を無視して本体を叩くのが主流だった。しかし2020年7月21日のアップデートにより、エネルギー弾を叩いても本体にダメージが入るようになった。本体よりもダメージが通るので現在は叩くのが主流となった

ある程度ダメージを受けるとフィールド中央に移動し、自身からエネルギー波を炸裂させる自爆攻撃を行う。
パニックで行動不能に(やろうと思えば形態変化中の名乗りにも効果あり)

新形態

2020年7月21日に実装。難易度ウルトラハード(UH)のみこの形態と戦える。
最終形態の自爆攻撃後、エルガ・マスカレーダを模倣した新形態に移行。大剣と拳による攻撃を主体としており、被ダメージが非常に高い。

崩界ダークファルス・ペルソナ

センシティブな作品


トリガークエスト「惨劇を招く破滅の虚影」に登場する強化版。
HP配分が変更されている(【仮面】の仮面が剥がれた所で約半分)だけでなく、大ダウン後に大暴れするようになった。UHでは緊急と同じく大剣を持った新形態に移行する。

余談

  • コンセプトは「正統派ラスボス」。前EPのラスボス戦が合間合間にムービーが入ったことを反省し、今回はロードを挟まないようにしたという。また形態をランダムに選出させることで「何度も戦いを楽しめる」ように設定された。
  • 実装当初、プレイヤーの立てるフィールド外に陣取って攻撃する状況が発生した。プレイヤー側は射撃・座標で攻撃するテクニックしか攻撃手段がなくなる上に、ペルソナが離れた所で当たらない攻撃を繰り返すという状況になるため、はみ出した時はフィールドの中央へUターンするように修正された。
  • 最終形態戦のBGM「Over The Universe」はEP5のメインテーマやエルガ・マスカレーダ戦の曲をアレンジしたもので、EP5ラストバトルを飾るBGMとしてユーザー評価が高い。これ以上のものは出せないのではないかと心配されているとか。
    • なお、バックコーラスがオメガ言語ではなく英語になっているのは、作曲を担当した堀田英邦の案によるもので、「オメガから帰ってきた」ことを示唆しているという(EP5設定資料集インタビューより)。
    二つの存在が合体して別の存在に生まれ変わるというのはEP5のコンセプトである「転生」を意識していると思われる。
  • コイツがモチーフのマグ進化デバイス「ペルチョナ」が配信されている。案外愛嬌のあるやつ。


関連タグ

ペルソナ・エルミル エルガ・マスカレーダ 深遠なる闇(PSO2)
ダークファルス(PSO2) ダークファルス【巨躯】 ダークファルス【敗者】 ダークファルス【若人】 ダークファルス【双子】 ダークファルス【仮面】
ダークファルス・エルダー ダークファルス・ルーサー ダークファルス・アプレンティス エスカファルス・マザー

関連記事

親記事

ペルソナ・エルミル ぺるそなえるみる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファルス・ペルソナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26099

コメント