ピクシブ百科事典

ダークファルス・アプレンティス

だーくふぁるすあぷれんてぃす

ダークファルス・アプレンティスとは、ダークファルス【若人】の完全体であるが、ここではDFアプレンティス・ジアやOFアプレンティスについても解説する。
目次[非表示]

ダークファルス・アプレンティス・ジア

ダークファルス落書き詰め


採掘基地防衛戦:終焉に登場。
10年前に封印されたダークファルス【若人】の力が、アンガ・ファンダージを喰らった事をトリガーに、惑星リリーパ地中深くに巣食う(寄生する)形で復活した姿。
【深遠なる闇】復活の影響か、依代がない「ジア(不完全体という意味)」の状態ながら活動している(EP3設定資料集のインタビューによれば、依代がなければ化身として形が取れないという)。

蟲系ダーカーのボスだけにとてつもなく巨大な虫のような姿をしており、アークスに姿を見せる部分もおそらくはごく一部。

二つのタマの様な部分から蟲機雷ダーカーを放ったり、伸縮自在の爪による攻撃も繰り出してくるが、何よりも下部にある立派な形状(実際は蝶の吻や蠅の舌を模しているものと思われる)のコアから放たれるビームが強烈で、直撃すれば大ダメージ必至、戦闘不能を余儀なくされるほど。
体力が少なくなると長時間チャージの後、このビーム砲から拠点も一撃で吹き飛ぶほどの超極太レーザーを薙ぎ払ってくる(運が良ければ破壊を免れる事もあるが、阻止できないと防衛失敗は確実)。

ダークファルス・アプレンティス

PSO2TAにて新たな依代を得たジアが変化した完全体。
依代を得た結果、大幅なパワーアップを果たしており「A.I.S12機を瞬殺」「粒子砲を相打ちになる形で破壊する」などゲームでは見られない演出が行われた。ちなみに依代は得たものの、「【若人】本体」がいないためかまったく喋らない。ただし、ゼノと対峙した際に嘲笑を浮かべるなど感情や意志はあるようである。

粒子砲で受けたダメージにより沈黙した間隙を突かれ、橘イツキによって依代を救出されてしまい形勢逆転。最後はイツキ、リナ、アイカの力を結集した極大のフォトンの刃「スターゲイザー」で肉体を破壊され敗北した。
しかし、まだ残滓は生き残っており、地球へ逃げようとしたのをアイカによって阻まれる。しかしアイカでは【若人】の力を御することができず、マトイが代わりを引き受けるがこれも失敗。アイカが持っていた闇(ダーカー因子)がマトイを侵食してしまう。最終的にディーオ・ヒューナルがマトイの闇を引き受けたことで事なきを得たが、これにより【深遠なる闇】は強化されてしまい、緊急クエストにも反映されることとなった。

オメガファルス・アプレンティス

オメガファルス・アプレンティス


「ふふっ、見せてあげるわぁ!この【若人】の有るべき姿を!」

ついに羽化して地上に現れた【若人】完全体…の世壊種。(ゲーム上の表記は「OF・アプレンティス」。やはり名前が長すぎて収まらなかったのだろう。)
外見はジアに腕と胸部・腹部を付けたような、ダークファルス・エルダー並かそれ以上に巨大な蜂。ルーサーフォームをもってしてもその大きさには初見でも震撼するほど。

前半戦は空中を飛び回るアプレンティスと、ルーサーフォームによる空中戦を繰り広げることになる(未習得でも一通りのスキルが使用できる)。ここでのルーサーフォームは従来の乗り物を使用する緊急同様、若干のクールタイムの後再度出撃する。別途にダークブラストが使えるので気兼ねなく戦おう。

大量の子蟲や腹が超肥大化し爆弾と化したブリアーダ・オメガ、腹部コアから放たれる様々なパターンのレーザー攻撃と一筋縄ではいかない攻撃を多く持つが、部位を破壊していくとやがては地上へと墜落する。
空中戦を制すると、地上へ叩き落されたアプレンティスを追撃する後半戦へと移行。崖っぷちに必死にしがみつくアプレンティスの腕にダメージを与えつつ腹部コアに接近し、攻撃を加えてとどめを刺せばクリア。
最後の足掻きの腹部コア砲撃は即死級のダメージを喰らうので全力で阻止すべし。ちなみに砲撃終了後、再びエネルギーチャージ行動に移り、砲撃→チャージ→砲撃→チャージと繰り返してくる。

関連タグ

ダークファルス【若人】 オメガ・アプレジナ ダークファルス(PSO2) 惑星リリーパ オメガ(PSO2) 採掘基地防衛戦
ダークファルス・ルーサー ダークファルス・ペルソナ

関連記事

親記事

ダークファルス【若人】 だーくふぁるすあぷれんてぃす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファルス・アプレンティス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146

コメント