ピクシブ百科事典

デイブ・マッカートニー

でいぶまっかーとにー

デイブ・マッカートニーとは、『ゴルゴ13』のキャラクター。

概要

CV:千田光男
デイブ・マッカートニーとは、『ゴルゴ13』のキャラクター。
主人公であるゴルゴ13を除くと、複数エピソードにまたがって出演している数少ないキャラの一人。

ニューヨークで活動するガンスミスで、ゴルゴの協力者の一人。見た目は丸眼鏡をかけた出っ歯おやじ
その腕前はゴルゴ曰く「世界でも五指に入る」レベルで、彼からは厚い信頼を寄せられており、依頼に合わせた特別な兵器の製作をたびたび依頼されている。

1971年発表の『AT PIN-HOLE!』(第7巻収録)で初登場。
この時の依頼は「1km先のフットボールを打ち抜ける狙撃銃」を「3時間で作れ」、「弾丸もついでに作れ」、「試射もなし」という、現在でもなおゴルゴから彼への依頼の中ではトップクラスの無茶振りだったが(「おおっ、クレージー!!」の名言はこの時生まれた)、プロフェッショナルとしての自身の誇りにかけて全力で応え、見事に特製狙撃銃を作成。不可能と思われた依頼をゴルゴに達成せしめた。
幸か不幸かこれで彼からの信頼を勝ち取ってしまい、以降、「無重力・真空宇宙空間でも使用可能な無反動ライフル」「150ミリの圧縮均質装甲板と30センチのコンクリート壁を貫通できる銃と弾丸」「溶けてなくなる銃」など散々な仕事を頼まれまくっている。

初登場時こそ愛想笑いを絶やさない腰の低いキャラクターだったものの、何度か登場するにつれてゴルゴの無茶な依頼にうんざりしてきたのか、現在は彼の目の前でも平気で毒づく愚痴っぽい性格になっている。ただし、超一流のプロフェッショナルであるゴルゴに頼られている事を誇りに感じている様子でもある。

ゴルゴの影に隠れているが、この人物も年齢を重ねた様子もなく(元々高齢気味の容姿ではあったが)、初登場は1971年で、以来おおよそ半世紀に渡って、準レギュラー的(前回より数年ぶりに登場などはザラ)に登場している。

関連タグ

鍛冶屋  職人 出っ歯

関連記事

親記事

ゴルゴ13 ごるごさーてぃーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイブ・マッカートニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5441

コメント